目出度く候

  • 2018.05.13 Sunday
  • 19:00
今日のみなとみらい


…って、本来の目的はこちら↓



本日の番組

笑福亭喬介:「牛ほめ」
笑福亭福笑:「もう一つの日本」
特別ゲスト・古今亭志ん橋:「居酒屋」
《お仲入り》
口上
笑福亭喬若(司会)、志ん橋、福笑、鶴光、松喬
笑福亭鶴光:「紀州」
笑福亭松喬:「饅頭恐い」
喬介さん、オネエっぽいぶりっこ仕草で早速客席をあっためる。
「普請ほめ」かーらーの「牛ほめ」まで進むVersion、久しぶりに聴いた。サゲは「眼ぇに秋葉様のお札を貼っとけ」みたいな?初めて聴いたサゲかも。
つか、ケータイ鳴らしたん、誰や!以後、出禁な。

そしてさっそくお目当ての福笑師匠!
のっけからぐいぐい時事ネタかましてきます。某首相夫人を〇〇呼ばわりです。
今日は師匠お得意の創作落語で、大阪に商談でやって来たアメリカ人と彼を接待する社員の噺…って書いても全然面白くないんだけど、師匠の話芸にかかると爆笑に次ぐ爆笑で、ほぼ呼吸困難状態。
いつものことながら、秋の独演会が楽しみー。

で、その熱気を鎮めて、江戸落語の世界に客席を引きずりこんだのが志ん橋師匠(「しんばし」じゃないですよって、分かってますとも)。
居酒屋の14歳の小僧さんになりきる師匠、可愛いです。
わたし、関東圏に住んでるくせにほとんど江戸落語って聴かないんだけど、その分ごくまれに聴くと「うわ。なんか渋いなぁ」って思います。

中入り後は、襲名披露興行お馴染みの口上。バックには後援会からのでっかい襲名記念の五枚笹(笑福亭の紋)が描かれた幕がどーん。
「この司会の為だけににぎわい座まで来た、落語界の松坂大輔」な喬若さんの軽妙な挨拶で幕開け。ちなみにほんとに似てるよ、松坂に。
「福笑エンターテインメント社長の福笑からご挨拶」って、何者ですか(笑)。
三喬さん、いや松喬さんの襲名披露なのに、上方落語会の会長に選ばれた仁智師匠(仁鶴師匠の一番弟子)の心配ばっかり。
いやでも笑福亭はダブルでめでたいですな。これで仁鶴師匠がお元気になられたらもっとめでたいんだが。
それにしても口上で客席バカ受けって、さすが福笑師匠。

江戸の志ん橋師匠が何故ここに?という理由は、師匠、柳家小里ん師匠、そして六代目松喬師匠が同期入門でずっと「東西三人会」やってたから。
最後の回は六代目が他界された後だったので、今回襲名する七代目が代理で出演されたんですって。
それ以外にも大阪で三人が集まるときは、必ずお客さん入り混じっての打ち上げがあり、その二次会、三次会、明け方までずっと、七代目はお酒を一滴も飲まずに師匠方のお世話をしたとか(そーゆーことしてたから、死んだんとちゃうかby福笑)。
イイハナシダナーと思った後で「彼、お酒飲めないんですよ。」

最後に松鶴一門二番弟子のつるこでおま鶴光師匠が〆て、恒例の「大阪締め」。
さぁ、皆さんお手を拝借。パパンがパン!


鶴光師匠は、お得意の歴史ネタと時事を行ったり来たりする「紀州」。
八代将軍決定までのあれやこれやを、脱線しながら語ってゆくってヤツです。

さて、唯一ネタ見せだった七代目松喬師匠。
上方版「まんじゅう恐い」は、三パートに分かれてて、
1.「十人寄れば気も十色」からの好きなもん、嫌いなもん披露
2. 丑三つ時に身投げしようとした女と出会う話
3.御存知「まんじゅう恐い」からの「今度は熱い茶が恐い」
3に入る前に「皆さん、ここまでの噺、いりますぅ?いらんでしょ。いらんから東京ではコンパクトにまとめて前座のスペシャリストの噺になってまんのや」(by松喬)
まぁ、確かにね。まんじゅうよりも中盤の夢の話の方がよっぽど恐い(しかもハメモノ入るし)。
しかし、この中盤があればこそ、上方では大トリの噺になっとります。
松喬さんは、先ほどお酒が飲めないと志ん橋師匠から照会があったとおり、甘いもんの食べ方が非常にディティールに凝ってて美味しそう({551の豚まん」はまんじゅうなのか?)。
美味しそうに食べる師匠を、客席が何かこう、うっとりとしながら見つめておりました。

終演後、松喬師匠がロビーにいらして、ご贔屓筋とご挨拶したり、写真撮影に応じたり。これから楽屋に寄られるお客様もいたりなんかして、楽しそうでした。
わたしも楽しかった!

春は西から

  • 2018.03.13 Tuesday
  • 22:05
毎年この時期に上方からやってくる春の使者、「米紫・吉弥二人会」@にぎわい座!


去年は18:20終業だったから死ぬほど焦ってたけど、今年はよゆーよゆー
…って、終業間際で仕事が終わらないわ、乗った電車の前の電車が荷物挟まりで動かないわ、やっぱり焦った京浜東北。
本日の番組

オープニング・トーク:桂米紫/桂吉弥
「つる」:桂吉弥
「蛸芝居」:桂米紫
-仲入り-
「勘定板」:桂米紫
「崇徳院」:桂吉弥
この二人会は前座が入らず、幕が開いたらいきなり二人が鎮座ましまして、オープニングトークという流れ。
米紫さんは眼鏡でご登場。落語の時のちょっとねっちょりした話し方と、素がだいぶちゃいますね。
吉弥さんはあんまり変わんないかなぁ。京都マラソンに参加して、ゴール寸前で脱水症状で救急車で運ばれたそうです。
ちなみにゴールはしたのだが、本人、記憶がないそうで。兄さん、気ぃつけてや〜。
で、「つる」。「オンがつーっと飛んで、後からメンがるーっと来た」の「つる」。
あんまり馴染みのある噺すぎて、最初分かんなかった。というより、吉弥さんなら、最初は創作落語で来ると思ってたのよね。意表を突かれたわ。
オチを間違える男のテンパり具合がどっか可愛いのは、吉弥さんのあのお顔ゆえかもしれぬ。

米紫さんは散々、歌舞伎の特等席とにぎわい座の料金設定をいじり倒した後、芝居噺。これ、吉弥さんも得意ネタですよね(若旦那もそうだけど)。
若旦那の「蛸芝居」は芝居の真似が堂に入りすぎて、思わず大向うが入っちゃうくらい華やかなんだけど、米紫さんのはどっちかていうと、芝居してない時の旦さんやら丁稚やら魚屋さんが面白い。
歌舞伎よろしく、いいところで拍手を要求したり、「やりたくてやってます」ってディテールにこだわったり、客席のボルテージが上がったなぁ。すっごく盛り上がりました。

仲入り後も米紫さんから。
「勘定板」はお初でした。
その昔、福井の漁村ではいわゆるトイレというものがなく、板の上で用を足しては波に運ばせて処理するという、「天然水洗便所」だったそうで、その場所を「閑所」と申しておりました(…って、ほんとかよ)。
そこの父親と息子が大阪に旅に出てきて宿で催したからさぁ大変。
「閑所はどこじゃ」
「は?勘定でっか?」
というわけで、昔のデッカイそろばんを持ってこられたから、その上で…、という「落語のネタで最高ランクの汚い噺」だそうですわ。
でも、わたし福笑師匠の「ちしゃ医者」聴いてるから、たいていの噺には免疫できてる(笑)。これくらい、許容範囲だ、(屮゜Д゜)屮カモーン!

大トリは、底抜けにお待たせいたしましたがな!
草原兄さんによる「崇徳院」!
そうです、あの九官鳥が喋るヤツ(嘘)。
それなのに、吉弥さんたら「『わろてんか』でえらい人気になってねぇ。言うてる割にたいした噺やないんですけど。けどドラマで波岡くんと北村さんが上手いこと演じてくれはってねぇ。もうどこ行っても続きは?とかホントはどんな噺なん?って聞かれるから、今からやります」

はあああああ?

他の噺家さんならいざ知らず、吉弥さん!
草原兄さんの中の人ともあろう方が、『わろてんか』の宣伝なんかしとる場合ですか?吉弥さん!
そこは「たいして話題にならなかったし、当時の最低視聴率を記録した朝ドラにわたしも落語家の役で出させてもろて、「崇徳院」やったんですけど。『ちりとてちん』っていうんですけど」とかなんとか言うてくださいよ、吉弥さん!
10年前の「米紫・吉弥二人会」で「崇徳院」やらはった時は、補助席出るくらいすごかった朝ドラですよ?(ちなみに今日は空席、目立ちまくり)。
もう、今日ほど蜩Tシャツを着てくれば良かったと悔やんだ落語会はないわ。だがしかし、蜩は背中にあるので、万丈目はんの後面でもかぶらなアピールできんのでした。

吉弥さんらしいなぁと思ったのが、熊はんが入った床屋で将棋指してたお人が「加藤」さんで、相手が「藤井さん」←気付いた人から爆笑の連鎖w
鏡が「割れても末にあわんとぞ思ふ」でお開きとなりました。
来年もまた来ようっと♪


続きを読む >>

初笑いは銀座!

  • 2018.01.14 Sunday
  • 21:25
てなわけで、今年最初の落語会は毎度おなじみ銀座ブロッサムでの「桂米團治独演会〜米團治の吟醸噺」。


今回チケット獲りに出遅れちゃって、二階席になってもうた…orz
あ、ちなみに次回は6月16日(土)ですってよ。いつもより一カ月以上早い…。


↑米團治カレーのパッケージがリニューアル!&なんぞこの新商品ー!
両方買っちまったぜい…。
本日の番組

開口一番(桂慶治朗):「みかん屋」
桂米團治:「七段目」
桂ひろば:「狸の化け寺」
桂米團治:「花筏」
-中入-
桂米團治:「天王寺詣り」
おーい、慶治朗くん。そのネタ、去年の師匠の独演会@逗子でも聴いたがな〜。
でも以前より上手なってたで。いや、二度目だから噺の全容が掴めてただけ?(笑)

さて米團治師匠は紫の羽織に薄紫のお着物で。上方落語協会会長ネタから「円楽さんみたいにしれっとしてたらよろしいのに」とか「浪花の春団治よろしく開き直ったらええ…と南光さんが言うてはりました」とか。会長選が近いのに一向に連絡がないそうです(笑)。ちなみに副会長は米團治。
「七段目」は十八番で、わたしも何度も聴いてるんだけど、今日の「七段目」はいつもより余計に歌舞伎ネタが滑らかでした。歌舞伎座が近いからかなぁ、最初の若旦那御帰宅の所からノリノリで歌舞伎調。そして相変わらず團十郎のモノマネがうますぎ(笑)。

ひろばさんは「もう18年もやってるのにあんまり知られてない」とぼやいてましたが、わたしは知っている!(←若旦那のお供で独演会に来られる上に、「落語家と行く なにわ探検クルーズ」に乗船した時のガイドさんだったから。)
「米團治兄さんも今年で還暦なんですよ、ああ見えて。お元気ですよねぇ」と言うほど、やっぱり今日の「七段目」はイキが良かったっぽい。
「昨日は北海道で独演会。その足で今日こちらで会った途端、会場の雰囲気とか聞いて来るかと思いきや、『カレーの売れ行きは?』」だそうです(笑)。
「狸の化け寺」は初めて聴くネタで、たわいもない化け狸の噺なんだけど、化けて出るまでのいきさつが面白かった。サゲは…え?あんなんでいいの?←落語あるある

中入り前、黒紋付きに薄緑の袴でご登場。
「花筏」も初めて聴く噺で、てっきり「遊山船」とか「船弁慶」とかそっち系の噺かと思ったら、大関のしこ名でしたか。
三代襲名で盛り上がってる歌舞伎→「七段目」
いろいろ盛り上がってる大相撲→「花筏」
なんてタイムリーなんでしょう(笑)。
病気で休んでることになってる大関の身代わりになった提灯屋が、巡業先で網元の息子と千秋楽結びの一番を取ることになり…とハラハラさせといて、サゲもきれいな楽しい噺だった。

仲入り後は、黒の羽織に薄紫のお着物で「ほぼネタおろしに近い」という「天王寺詣り」。
別の噺家さんで聴いたことがあるので、知ってる噺だったけど、「戒名」に「中川清」のくだりは米團治じゃなきゃ言えないよなぁ…(米朝師匠の本名w)。
この噺聴くと、大阪行きたくなるから困るわ。

最期は追い出しの太鼓を途中で止めさせて、米朝締めの講習会から本番(笑)。
おかげで終演が10分押したがな。
初笑い、楽しゅうございました。

福笑爆笑独演会

  • 2017.10.14 Saturday
  • 20:05
どーして、わたしがにぎわい座へ行く日は、雨だったり、雨が降りそうだったり、降ったり止んだりだったりして、着物を着ることを妨害してくるんだろう…orz
そんなわけで、ほぼ普段着での記念すべき十年目となった「笑福亭福笑独演会」!

本日の番組

笑福亭茶光:「動物園」
笑福亭たま:「バーテンダー」
笑福亭福笑:「きょうの料理」
-仲入り-
桂文治:「掛け取り」
笑福亭福笑:「ちしゃ医者」

前座の茶光さんはつるこでおま鶴光師匠んとこのお弟子さん。
働くんだったら…と「低血圧で朝弱いから10時開始。力仕事が苦手。賄い付き。4時終業。日給壱万円」で出した条件が、見事にわたしのハケンの希望条件と合致してた件(笑)。
だがしかし!動物園でトラになるのはイヤだ!
「ファブリーズない?」とか「ライオンだけに歯を磨く」とか、ちょいちょい挟んでくる衛生商品ネタがおもろかったけど、後から出て来た文治師匠にはウケなかったようです(笑)。

たまさんは落語に入る前に繁昌亭のマーケティング担当になったからには(←京大経済学部卒だから)、リピーターを増やさないかんとリサーチを行った結果、「そこまでせんでもええねん」と却下された話…orz
そう!こっちが合理的に物事を改善しようとしても、「めんどくさい」とか「もうええわ」とかで結局何の進展もないっていうのは、会社あるあるですよ!(笑)。
「お客には分らんけど、自分的に喉の調子が悪い」という話から、先日若旦那がサンケイブリーゼで、やはりそういう体調の中噺を終えた後、「弁慶富樫のセリフを滔滔とやらはって、おかしいですやん!」と。あんまり縁もゆかりもないたまさんにまでツッコまれてら〜AHAHAHA…。
新作落語「バーテンダー」は酔ったオッサンのゲ〇を「あちらのお客さまからです」。この汚いネタは、大トリへの壮大な伏線か?(←違うだろ)

そして福笑師匠ご登場!
選挙の話、政治の話と相変わらずとばすとばす。「寄席の中では何言うてもオッケー♪」だからこその無責任なツッコみのオンパレードに腹抱えて笑うわ。
あーもう、「最近おもろいことないなぁ」っていうヒトは絶対、福笑師匠の落語を聴きに行った方がいい。終わった頃には「スカッとジャパン」だから。
まさに「疲れたもの、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。笑わせ休ませて上げよう。」(マタイ11章28節)だからね。

仲入り後は福笑師匠のお友達、USA出身(大分県宇佐市)桂文治師匠。昔、地元の落語会で「源平盛衰記」を聴いたときは、まだ平治さんだった。
桂…言うても芸協所属の噺家さんなんで、すいません、「掛け取り」の落語家尽くしの元ネタがようわかりません(^^ゞ
あ、なんで冬もまだなのに「掛け取り」かと言うと、落語のネタは季節を先取りするのが良い、との10代目の教えだそうです(笑)。

大トリは繁昌亭での一門会でも聴いた「ちしゃ医者」。いやぁ、汚い汚い(笑)。ご自分でもツッコんでたけど「汚い話にわたしがさらに汚さを加えております。う○こはだれでもするんです!う○こは平等!」
あ、でも繁盛亭で聴いたときの方がもっともっとバッチかったような気がする…。
ちなみに11月5日から7日まで、新宿末廣亭にご出演だそうですよ。行きたいな〜。

この世の名残り、夜も名残り

  • 2017.10.08 Sunday
  • 23:50
念願かなって、ようやく文楽『曽根崎心中』を観に行ってきます!


先月だっけ?にぎわい座で若旦那の独演会に行った時にたまたま手にしたチラシがコレ↑で、『ちかえもん』以来ずっと観たかった演目が、わざわざ半蔵門の国立劇場へ行かなくても地元の神奈川県立青少年センターで観られるとくれば、たとえ午前中5時15分前起きで仕事だろうが、午後があいてるなら行くでしょ、絶対。
だって、チラシの裏の解説にまで『ちかえもん』の文字が!


ということで、案の定、あちこちで『ちかえもん』の話をする人がいて、あらためてあの地味な枠の地味な時代劇の貢献度が窺い知れました。
最初に10分程度の解説があって、文楽とは何ぞやとか、人形が中央で芝居するけど、実は脇の太夫や三味線の方が重要なんだとか、脇の字幕装置「Gマーク」の紹介とか、何かどっかで聞いたなぁと思ったら、そうです。三月に地元で「文楽鑑賞教室」に行ってました(笑)。

実は歌舞伎の方の『曽根崎心中』はだいぶ前に観ているので(お初が扇千景元大臣の旦那)、全く知らなかったわけではないのですが、命のない人形なのにどんどん生気を帯びてくる「芝居」に鳥肌立ちました(最後は文字通り命を落とすんだけどさw)。
そして人形を観ているはずが、その後ろに『ちかえもん』出演者が浮かんでくるという、恐ろしいまでの影響力。
九平次がさぁ、ずっとヨッパライの赤ら顔なんだけど、これがほんとに憎たらしくて、足蹴にされる徳兵衛に同情せざるを得ない演出なんだけど、もう即座に銀之丞さんと小池君で再現されちゃうからね(笑)。
そして、曾根崎の森でお初と徳兵衛が心中しても、「うん、大丈夫。ホントはこの二人、越前で所帯もって、鯖獲ってるから!」と自分に言い聞かせてる始末(^^ゞ

いやしかし、地元で気軽に観られるって、ホントいいわぁ。
いくら隣県とはいえ、東京まで行って帰ってくるのってタイへンなんすよ…。
できれば昼の部の『桂川連理柵』も観たかった〜。これは、実は落語の「胴乱の幸助」で重要な役割を果たす話で、
「親じゃわやい」
「チエー、あんまりじゃわいな」
のやり取りをいつか、本家文楽で観てみたい。

秋の若旦那 in 横浜

  • 2017.09.08 Friday
  • 22:25
毎年恒例の独演会。
今年は無職なので、「残業が〜」とか「間に合わないかも〜」とか「電車遅延が〜」とかいう憂いなく、事前にMM21勤務のAYO様とお茶する余裕付き(笑)。


平日の夜だってのに、ほぼ満席で二階にも入ってる。上方の落語家(=つまりよそもん)で、これだけ集客力を持ってるのって、やっぱすごいことだよねぇ。
本日の番組

「桃太郎」:桂團治郎
軽業」:桂米團治
「鯉盗人」:桂しん吉
「替り目」:桂米團治
-中入り-
「猫の忠信」:桂米團治
わー團治郎さん、1月のブロッサム以来〜。
まずは舞台出演ネタから。そういや、Twitterでもよくつぶやいてるけど、ちょくちょく大阪の舞台に出てるよね(『銀二貫』にも出てたし)。そういう意味では、三人の弟子の中で彼が一番師匠の血をひいてる?(*血縁関係はありません)。
彼の息子役で一緒に出てた子役ちゃんとのエピソードからの「桃太郎」。こまっしゃくれたというより、大人びたケン坊に客席大うけでした。

さて、本日の若旦那。
黒紋付きに薄緑の袴でさわやかに登場。
「桜木町っていい響きですよね。ぱーっと華やかで。でも野毛なんですよね、賑わい座って。桜木町って言ってますけどね」
いや、駅はさんでこっち側は野毛って感覚だけどね。海側がみなとみらいで、山側が野毛。で、最寄駅が桜木町(←ローカルネタ)。
「お伊勢参り」「上方特有のハメモノをふんだんに」というからには「東の旅」シリーズのどれかかな?と思ったら、やはりその中の「軽業」。
これは今回初めて聴きました。というか、若旦那の持ちネタだったとも知らなんだ。
前半は見世物小屋で騙される喜六と清八(というか主に喜六が)、後半は今のサーカスみたいな小屋での軽業で、実際の軽業師の動きを指で示すという、音声だけでは伝わらない面白さ。
サゲは軽業師が失敗して落下しちゃって、口上役にどないなっとんのや〜と言うと、「長口上は大けがの元でございます」。

お次のしん吉さんは師匠、吉朝さんの思い出話から、追善公演の告知↓

うっわー、これ、めっちゃ行きたいヤツ!
けど、平日の夜か〜。夜の半蔵門からウチまで帰ってくるの、やだなぁ…。
その師匠が高座によくかけてたという「鯉盗人」は、料理屋に盗人に入って鯉をさばいてもらったら、めっちゃうまくて、カツあげた五両をお代として払って帰ってきたというマヌケな噺。

中入り前、「替り目」は二か月前に南天さんで聴いた噺だ!ベージュの着物に茶系の羽織のコーディネートが美しい。
南天さんの酔っ払いオヤジはすっとぼけ〜って感じだったけど、若旦那のはどことなく米朝師匠っぽい。よくお父上のモノマネするんだけど、そこをベースに酔っぱらわせたって感じ。
さりげなく、しん吉さんのネタを混ぜて、「さっきの鯉料理は旨かった〜」に大爆笑。
うどん屋さんに「銚子の替り目」って言わせるのは初めて聴いた気がする…。

さて、今日はしっかり「米團治カレー(辛口)」をゲットしました。油断してるとすぐ売り切れるからね〜、ダッシュで買いに行った(笑)。

↑おやつ

大トリはDVDにも収録されてる「猫の忠信」。
何と言っても見どころは、二人の常吉早変わり!
…ではなくて、正体を見破られた狐狸妖怪が本性を現すところであります。
お師匠さんと「ぬくい刺身の仲」だった常吉の正体は、二親を三味線に変えられた猫。
ここで、ぽーんと座ったまま上に跳び上がり、人から猫へ変身する様を見せるんですが…。

若旦那、跳びすぎっ!

運動神経がいいのは知ってるけど、ああ見えてもう58歳ぞ…。
今日、わたし、前から9列目のど真ん中だったせいもあり、ほとんど真正面で若旦那を観てたんだけど、あっけにとられるくらい高く跳び上がって、度胆抜かれたわ。
にぎわい座のお客もここでどよめきが起こって、息をのむ音が聞こえたくらい。
一瞬の間があって、ものすごい拍手の嵐。いやぁ、びっくりした。

落語じゃなくて芝居を観ているような華のある独演会でした。
次に会えるのは、来年正月のブロッサムかぁ…。

キモノ着て行こ。



続きを読む >>

江戸VS上方

  • 2017.08.11 Friday
  • 21:25
2017年夏の落語会・第三弾!

…今日も雨の為、浴衣着用は家族の判断により中止となりました。ちっ!
この日の為に、こないだAYO様に見立ててもらいながら、浴衣新調したのにーっ!

やさぐれながら向かった先は、馴染の横浜にぎわい座。本日は、「江戸落語 上方落語 聴き比べの回<上方編>」


…っても、7月1日にあった「江戸編」には行ってませんがね(笑)。


「両方行った人」が傍目にも分る少なさで、「聴き比べの意味のない企画ですね」と、三喬さんにツッコまれたし。
本日の番組

開口一番(林家 愛染):「動物園」
笑福亭 べ瓶:「いらち俥」⇔「反対車」
笑福亭 三喬:「蛇含草」⇔「そば清」
- 仲 入 -
桂 米左:「骨釣り」⇔「野ざらし」
桂 塩鯛:「百人坊主」⇔「大山詣り」

愛染さん、「あいぞめ」とか「あいぜんとかいろいろ間違われるそうですが、「あいそめ」さんなのね。
「今日、この場ではっきりさせましょう!」と言い切ってからの「どっちゃでもええです」(笑)。
「迷ったら、ラブリンて呼んでください」…いや、それ、紀香のダンナやろ。
「動物園」のサゲで、ライオンが園長(木村さん)だったのって、初めて聞いたなー。マイクの前ですごむところが声が響いておもろかった。

べ瓶さん、「うちの師匠、あんまり知ってはる方は東京の方じゃいらっしゃらないんじゃないかと思うんですけど、鶴瓶です」
鶴瓶師匠以上に名ぁの知れてる上方の噺家、いるんかーい!
鶴瓶師匠のお弟子さんの何人かは東京在住で、べ瓶さんも新宿にお住まいだとか。いいなあ、アタシも「新宿区民」を名乗ってみたいわあああ。
東京のお客は噺を聴く態勢で聞いてくれるけど、大阪は「笑かしてみ」という態度でなんだそうです。ハードル高ぇ…。
でも確かに繁盛亭に行くと、ものすっごい熱気を感じますね。ハコが小さいのもあるけど、客全体の一体感と期待感がハンパなかったです。
「いらち俥」は、上方も江戸も聴いたことがあるんだけど、今日のサゲ
「お前は電車も轢くんかい!」
「車も引いております」
って、初めて聴きました。あと、ジャンプして座布団の上を回転するヤツ、なかったです。

三喬さんは、10月に「七代目笑福亭松喬」を襲名されます。

笑福亭は松竹所属だから、松竹座なのね。
ちなみに若旦那が米團治を襲名した時は、京都の南座でした。懐かしい〜。
「蛇含草」ってさぁ、サゲのビジュアルはコミカルだけどある意味ホラーだよね。
そうそう、そのサゲに入る前、「いよいよサゲですが、思っても言ってはいけない三つのことがあります」って、言い出したのが、
1.あーそうなると思った
2.『日本昔話』で見た
3.「そば清」のパクリじゃん
パクリて!どっちが先だとか、どうでもいいんだけどね。

仲入り後の二席はどちらも初めて聴く噺なので、非常に楽しみにしておりました。
米左さんは米朝一門の下の方から四番目。その米朝師匠が復活させた(かどうか知らんけど@米左)「骨釣り」は、江戸落語の「野ざらし」なんだけど、「『野ざらし』ってスッキリしててええですね!上方では『骨釣り』ってもっちゃりしてます。」
うーん…そうかな?あんまり違いが分からないな。ていうか、言い方次第だと思いますよ。
釣り上げた骨を回向したら、べっぴんの幽霊がお礼参りに来てくれたって話を聞いて、隣の男が同じことしようと思ったら、全然吊り上げられなかったけど、野ざらしになってた骨を見つけてくようしたら、石川五右衛門がやって来た!という話。

トリの塩鯛さんは、米紫さんの師匠で、ざこびっちの筆頭弟子。ここでもざこびっちが脳梗塞の後遺症で言葉が出てこないネタが「それ、発病前から変わらへん」といじられてました。
「百人坊主」はお伊勢参りの噺ですが、江戸版では「大山詣り」となっているんですが、この大山って(わりと)ウチの近くだわ(笑)。
騙し騙されで村のほぼ全員が坊主になっちまった、という見方によってはえげつない噺ですが、塩鯛さんの顔芸が非常に面白かったです。
落語って聴くものだけど、観るのも重要。てか、観た方が絶対面白いんだよねぇ。

-おまけ-
毎夏恒例、ピカチュウ桜木町ジャック!




Ginza in Rain

  • 2017.07.29 Saturday
  • 23:10
年に二回の銀座ブロッサムでの桂米團治独演会で、銀座に行って来ました。


この夏、出かける落語会は全部浴衣で行ったる!

…と宣言したはずですが、早々に撤回(^^ゞ
だって、雨の予報が出てるんだもーん。
果たして、その予報は見事に当たり、銀座に着いた頃には結構な大降りであったのだった。
本日の番組

「千早振る」:桂米輝
「秘伝書」:桂米紫
「景清」:桂米團治
-仲入り-
「胴乱の幸助」:桂米團治
米團治師匠の二番弟子は開口一番、「落語会の瀬戸内寂聴です!」
確かにね〜。頭テカテカで目が可愛らしいんだよね〜。
「知ったかぶり」とマクラで振るから、「お!師匠ネタを披露か?」と前のめりになったわたしでしたが(笑)、そのまま知ったかぶりで百人一首を説明する「千早振る」へ。

お次は、にぎわい座での草原兄さん吉弥さんとの二人会でお馴染み、米紫さん。
「四年前にもここでやらしてもろてるんで、順番から言うと僕やないんですが、ある事情があって、優しい兄さんが呼んでくれはったんです」
↑要はこの会の客が埋まらず、「12人しかお客さんおらんのです。どうしたらええんでしょう」(米紫)→「ほな、僕の会で宣伝したらええがな」(米團治)ってことで、連れてきてもらったとか。
…な〜んてウソですよね。結構前から新聞広告やチラシに名前載ってたし。
「ただし、一つ条件がある!」と兄さんから出されたのは、「米團治カレーを買ってください!
大阪から80箱持ってきたそうですよ…。そうですか、終わったら買おうかな。
米紫さんはいつもこう、食い気味の話し方なんだけど、「秘伝書」を手にしたアホが焦りながら、めくる様子にそれがピタッとハマって、こっちまで冷や冷やしながら聴いてました。
「どうしました?おもろないですか?説明しないと分かりませんか?これ、終わらないと、米團治、出てきませんよ」でめちゃウケ。

で、若旦那登場。
唯一ネタ見せで出てた「景清」だからか(だよね)、白地に縞のお着物に濃紫の羽織がシック。
去年も隅田川の花火大会と重なってたけど、今年もなので「いいんですか。皆さん、隅田川へ行きはるんやないですか」と聞いたら、「米團治さんの独演会の客層は、花火なんか見に行きませんから大丈夫です!」
いや、確かにそうなんだけど、帰りの地下鉄めっちゃ混むので、来年からはずらしていただきたいなぁ…。
御長男(=真くん←めっちゃ美形)がまだ小っちゃかった頃、家族で花火を観に行ったら、花火の音にびっくりした真くんが泣きだしちゃって、花火観ないで帰る羽目になったとか、マクラで珍しい家族話が飛び出しました。
夏にピッタリ!の「景清」は、人情が沁みるイイ話ダナーな中に、艶っぽかったり、奇想天外だったり、いろんな面白さが詰まってて、実に楽しい。
というか、作次郎がどうしてもチリチリ頭の兄ちゃんとして脳内ビジュアライズされてしまうのは、『ちりとてちん』の影響ですね、はい。

仲入り後、今度は黒の紋付に薄緑の袴にお召替えの若旦那。
「おかげさまで、米團治カレーは完売です」
えーそんなぁ!(笑)
「今日は、いつもと違うと思われたでしょうか?実は、落語をするのは一か月半ぶりなんです」
ちょwwそんな落語家、おるんかい!(笑)
五木ひろし、新歌舞伎座公演1500回達成!坂本冬美ら祝福
あーこれね…。なんでもオダサクの役で出てたらしいですよ。
そんで、その前はざこば師匠の代演で『銀二貫』の大旦那役。
結果「すっかり、落語の仕方を忘れました」ておい!(笑)
あーそれで、いつも独演会は三席なのに、今日は二席しかやらないのね…。

ざこびっちといえば、今日から高座復帰だそうですが、「手が震えたり、言葉に詰まったり。病院では脳梗塞の後遺症が少しあるから、と言われましたが、それ、前からやん」
確かに(笑)。

「胴乱の幸助」はおやっさんのけんかの仲裁より、なんといっても「お半長」のくだり。稽古屋でのやりとりがここだけずっと聞いていたいと思うほど、浄瑠璃っぽくて面白いんだ〜。
そうはいっても、自信満々でフィクションをノンフィクションと信じ込んで、自信満々に京都まで出張るおやっさんの顔芸も見どころでした。

今回はちょっと物足りないけど、図らずも『ちりとてちん』絡みのネタで面白かったから良しとしよう。
ところで、師匠!これはマジっすか?

おまけ

照子さーん!ありがとうございます!!

相談室長代理、来たる!

  • 2017.07.08 Saturday
  • 21:35
年に一度の「南光・南天ふたり会」のため、にぎわい座へ行って来ました。


今月2回、来月1回、チケット持ってる落語会の予定があるんですが、それ全部、浴衣着て行くのがこの夏のチャレンジ!(笑)。

↑自作の蜻蛉玉の帯留め

もう6回目ということもあり、ほぼ埋まってる感のある一階席でした。
本日の番組

御挨拶:桂南光・南天
「替り目」:桂南天
「天狗裁き」:桂南光
-お仲入り-
「代書」:桂南天
「藏丁稚」:桂南光

このふたり会、一番のお楽しみというか、客のお目当ては何と言っても師弟漫談コーナー(違)でございましょう。って言っても、南天さんは「はい、はい」って相槌打ってるだけだけどー。
南光師匠が今、『生活笑百科』で相談室長補佐をやってるからか、まずは仁鶴師匠の近況から。今現在(ていうか、今日もやってたけど)、室長はお休みですが、現在収録分は復帰なさってるそうです。
最初、体調不良でお休みとされてたのは実は奥様の病状が悪化してたからで、その後お亡くなりになって、そしたら師匠もホントに体調崩されて、ずっとお休みという経緯だったらしい。
っていうか、「皆さん、あれ観てて面白いですか?」と真顔で問いかけるのやめて下さい、師匠。
「おもろいとこは全部カットされてるんで、おもろいの観たかったら収録に来てください」って無理だから。ここ、大阪ちゃうねんで。
それと、ざこびっちの脳梗塞も後遺症がほぼなく、お元気だそうですよ。退院してもいいって言われてるのに、家族がもう少し入院させておいてくださいって頼んでるとかww
『銀二貫』の稽古場で最初ろれつが回ってなかったとき、誰もが「いつものことや。酔うてはる」って放置してたのって怖いわー。
ただ、酒臭くなかったからおかしいって気付いて、近所にあった病院へ救急車で運ばれて、すぐ手術という奇跡的な流れで恢復されたらしいです。脳梗塞って時間との闘いって言うもんね〜。
あと、南天さんて、マイクいらなくね?(笑)

「替り目」は、以前雀松さん(南光師匠の弟弟子)で聴いたことあったけど、南天さんのもかわいくておもろかったです。ぐちゃぐちゃに酔っぱらってるとこと、嬶に泣き入りながら本音を言うとこがホント、たまらん。
サゲがまた、短編小説のオチか!ってくらいインパクトあって面白いんだよね。

「天狗裁き」の主人公の何も悪いことしてないのに、どんどん立場が悪なっていく〜ってキャラが、南光師匠の中立キャラに合ってて、感情移入しやすいですね。
この噺、堂々巡りみたいに結局振り出しに戻るんだけど、よくできた話だなぁと聴くたびに感心する←何様ww

「代書」は元々、南光さんの師匠の枝雀師匠十八番の噺ですが、ボヤいたりキレかかったりする代書屋さんと、生き生きとボケ倒す代書屋の客、田中さんの切り替えが楽しい。迷惑この上ない客だけど、分かってておちょくってるのかと思えるほど楽しそうに生きてるよね、田中さん(笑)。

大トリは「藏丁稚」。
芝居ものだと、わたしは「七段目」か「蛸芝居」が好きなんですが、今日の「藏丁稚」は凄かった。定吉が滔滔と四段目の判官切腹のシーンを語るとこ、客席一体となって聴き惚れました。咳一つなかったからね。もんのすごい集中具合のところに、定吉が「腹減った〜」で皆、ハッと¥20,000の歌舞伎の世界から¥3,100の落語の世界に戻りました(笑)。
こういうのがライヴの楽しみなんだよね〜。

ということで、次回は29日の米團治独演会@ザギン!

全員受賞者

  • 2017.05.13 Saturday
  • 21:05
なんですわ、今日のにぎわい座「第53回 上方落語会」。
上方落語家だけによる NHK新人落語大賞 受賞者の会

↑このメンツ!上方落語好きにはヨダレが出るほどたまらんわ。
…と考えるのは皆同じらしく、今日のにぎわい座はいわゆる大御所の独演会でも、人気者の二人会でもないのに、まずまずの入りで、ここ最近のにぎわい座の上方落語会にしては大盛況。
本日の番組

開口一番(笑福亭呂好):「鉄砲勇助」
桂雀太(2016年受賞):「遊山船」
桂よね吉(2007年受賞):「蛸芝居」
《仲入》
桂佐ん吉(2015年受賞):「稽古屋」
桂三若(2001年受賞):「夢の続き 」
まずは呂好さん。
「女風呂の「呂」に、「好」き、と書いて呂好です。」
って、おい!プロフィールには「芸名「呂好」の由来は「皆から好かれるように」て書いてあるやないか(笑)。
松鶴師匠の弟子の呂鶴師匠のお弟子さん。どう聞いても
   *   *
 *   + うそです
  n ∧_∧ n
+ (ヨ(*´∀`)E)
  Y   Y  *
な遣り取りで客席を十分にあっためてくれました。ていうか、「千に三つしかホンマのこと言わん」ていうからには「鉄砲勇助」なんだろうなと思ったんだけど、「日本一のウソつき」のくだりはナシ。こんな風に時間の調整で途中ぶった切るていうのも、前座あるある。

受賞者の中では最新の雀太さんは、去年の若旦那独演会@にぎわい座でもマクラで披露した、「落語家と行くなにわクルーズ」の宣伝。
かーらーの、造幣局の通り抜けがここ数年、混雑がどんだけ目立つか。そうですか、混むんですね。いっぺん、行ったろと思ってましたが、なかなか大変そうですわ。
船の話がでたところで、「遊山船」。今日は、豪雨の上にちょっと寒いけどね。
雀太さんの喜六は結構ツッコむところはツッコむ、反射神経のいい喜六って気がします。つまり、清八との掛け合いが漫才聴いてるみたいでメリハリがあって面白い。

仲トリ、よね吉さん。お見かけするたびなんというか、その恰幅が…(以下略)。
今日イチ盛り上がったんちゃうかなってくらい、マクラから噺のサゲまで笑いっぱなし。腹筋壊れるかと思ったわ。
吉朝師匠の思い出話でいい話ダナーで終わるかと思いきや、師匠が歌舞伎の「柱巻きの見得」が好きで好きでしょうがなかったことから、いつでもどこでも柱さえあればやりたがったというエピソードを暴露。吉朝師匠も彼岸から笑ってはることでしょう。
で、うまいことそれが「蛸芝居」の中に出てきて、客が「あっ!」と気づくわけです。
マクラで歌舞伎と落語は似てるんですよ〜と言いながら、¥18,000と¥3,100の差を何度も(しつこいほど)言ったり、途中で出て行ったお客さんが戻って来た途端「お帰りなさい」と客イジリしたり、圧倒的ににぎわい座を支配してました。もうしまいにゃ、何言ってもおかしくてどっかんどっかんウケてる。
今日は、全体的に総身内かってくらいお客さんのノリがよくて、どの噺家さんもノってたように思います。

よね吉さんが「この雨の原因は後で出てくる佐ん吉のせいでして。あいつ、雨男なんですよ」とマクラで振ったので、仲入り後、佐ん吉さんが登場するや否や「雨男!」←「蛸芝居」のノリをまだひきずってるw
佐ん吉さんも「あのイケズな兄さんも、わたしが入門した頃はシュッとしてはってね…。甘いもん食べてたらああなってね」と言った途端、後ろによね吉さんがーっ!←本日のハイライトw
あ、シュッとしてた頃の兄さんをご覧になりたい方は、是非『ちりとてちん』のDVDでご確認ください。
「稽古屋」は、若旦那の方が好みかな〜。お師匠はんの色っぽさや踊りのしなやかさは、若旦那の方が美しいのよね。
佐ん吉さんはね、もう少しイケズだったり、ツンツンしてる人物の方が上手いと思うんです。とはいえ、サゲ前のお稽古中におみっちゃんがゲラゲラ笑っちゃう原因が、「今来たおっちゃんが」草履を乾かしてるんじゃなくて、「お師匠さんの帯を解いてます」と色っぽくなってたとこは面白かった。

さて、大トリはざこびっちの義理の息子(=次女の夫)だった三若さん。
今日唯一の創作落語で、タカシくんが寝落ちするたびに未来へ未来へ時が進む。最終的には還暦直前にまでなってるところで、最初の六歳児に戻る。
「夢を諦めずに、これから頑張って夢をかなえよう」と決心したところで、どんなに呼びかけても起きない、あの世へ逝ってしまったタカシ…というサゲ。
SFっぽくもあり、ものすごく深くていい噺なんだけど、ちょくちょく挟まれる小ネタが面白くて笑いっぱなし。
「タカシ、キャッチボールをするから、それを手に取りなさい」
「うん、お父ちゃん。これがTRFだね」
「グローブだ、タカシ」
↑TRFとか、久しぶりすぎて一瞬分からんかったわww

幕が下りて、帰ろうとすると、ななななんと!
三若さん含めた本日の出演者の皆様が三階ロビーにわらわらと来て下さって、そのままお見送り!
繁昌亭では、終演後、出演者が外まで出てお見送りしてくださるんですが、まさかにぎわい座でやって下さるとは!
今日の回、最初から最後まで本当に面白かったし、いい趣向だと思うんで、是非またやっていただきたいと思います。

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

使用済み切手運動

日本赤十字社・献血

Save the Children

Second Harvest Japan

Twitter Log

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

NHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラック
NHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラック (JUGEMレビュー »)
吉松隆,舘野泉,藤岡幸夫,井上道義,NHK交響楽団,東京フィルハーモニー交響楽団

recommend

recommend

recommend

Rouge(ルージュ)
Rouge(ルージュ) (JUGEMレビュー »)
いのくち ゆきみ
元ハケン仲間、いのくち ゆきみさんの1st CDです。主に横浜でJazzシンガーとしてご活躍中。

recommend

recommend

The Silver Chair CD (Narnia)
The Silver Chair CD (Narnia) (JUGEMレビュー »)
C. S. Lewis
Read by Jeremy Northam

recommend

 (JUGEMレビュー »)

Sung by Jeremy Northam

recommend

Pride and Prejudice: The Original Soundtrack from the A&E Special Presentation (2000 TV Film)
Pride and Prejudice: The Original Soundtrack from the A&E Special Presentation (2000 TV Film) (JUGEMレビュー »)
Martin Gatt,Meyrick Alexander,Rachel Gough,Andrew Shulman,Keith Harvey,Mats Lidstrom,Susan Sutherley,Michael Harris,Nicholas Bucknall,Richard Addison,Carl Davis

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM