三代目徒然なるままボヤッキーニッキー

台湾にまだまだいたいわん
行程
16:00 台湾松山空港発(BR-190)
19:55 羽田空港着

昨日の疲れで8時に起きられず、8時半までうだうだ二度寝(笑)。
朝食が9時半まででよかったわぁ…。

そんなわけで10時ごろチェックアウト。荷物をフロントに預けて、13時に迎えが来るまでお散歩に出かけましょう。
って、今日も雨です。しかも結構な本降り…orz
雨だし、そんなに遠くまでは時間的にも体力的にも行けないので、やっぱり中山駅くらいまでを目途に歩いてみる。この辺の観光名所と言えば、「台北之家」。




九份を一躍有名にした映画『非情城市』の監督、侯考賢プロデュースによる映画をテーマにしたミュージアム?


外観は、元アメリカ大使館邸を改装したもので、緑豊かな中に忽然と現れる洋館は、何となく横浜山手っぽい気がするのは、ハマに馴染みのあるわたしだけかい?

そうそう。ここでようやくWi-Fiが繋がって、iPad-Miniがようやく役に立ちました。
出国前日に台の無料Wi-Fiサービス「Taipei Free」に登録したはいいものの、ホテルで全然繋がらなくて、これだったらLANケーブル持ってけば良かったなぁとか思ってたんだよね。
ま、紙ベースの地図も持ってきたから困らなかったけど。

雨の台北、中山地区↓

お店のオープンは遅めですね。11時過ぎにようやく街中に活気が出てくる感じ。
あ、もしかしたら10日からの国慶節でお休みだったのかも。


↑こんな感じのお宮があちこちで見られる


↑Watsonsは日本のマツキヨのようなドラッグストア


一昨日、空港から一緒にやって来たお二方とロビーで二日ぶりにお会いし、迎えに来たガイドの謝さん(女性)に連れられてバスに乗る。
来たときは三人だったので、バンみたいな小型車でしたが、帰りは総勢15名ほどいるので大型バスだ。
そして、想定外の免税店に連れていかれる我々…。

↑Pengpai Taiwan Collections(澎湃台灣精品百貨商場)内の白菜
つーか、この免税店、昨日何度も停車したフルーツスタンドの隣りやんけ…。この時点で持ち金は結構あったんだけど、買いたいものが何一つないので、またジュース買っちゃった(笑)。
この頃には雨も止んで、日差しも出てきました。帰るときになって晴れるんだからぁ…←お約束


松山空港内の故宮博物院コーナー↓

ほんの少しですが、グッズもいくつか売ってます

10分ほど遅延の後、ようやく搭乗。
帰りもキティ便でした。



羽田に着いたら、やっぱりちょっと涼しかった。
けど、本格的な寒さが来る前の、あまり服装に差がない時期に行って来れてよかったです。
あっという間の三日間でしたが、気に入りました。今度はツアーなしに台北市内を散策したり、台南の方へ行ってみたいぞ。
また、行くからね〜再見!
| itoyan | −台湾への道(2015) | 09:52 | comments(0) | - | pookmark |
九份小旅行
全行程を終え、バスは一路九份へ…と思ったら。
先ほど、寄ったフルーツスタンド前で停車し、全員降ろされました。
更に、ワタクシと2名の親子連れのみ名前を呼ばれ、何事かと思いきや、後ろに停まっているバスに移れって何それ聞いてない。
移動先のバスのガイドは、若くてかわいい李さん(女性)。あら、日本語お上手。
色々説明してくれてるのは聞こえるんだが、とにかく眠い。でも車窓も観ていたい。

台北からの眺め↓


九份、着いたどー↓


夕食は、団体様御用達の「九戸茶語」にて。

昼間一緒だった観光仲間も続々合流し、同じ階で同じお食事をいただきます。
こちらでは台湾の地元料理だそうで↓





↑デザートのタロイモ団子。
杏仁豆腐とか愛玉子とか日本でメジャーなデザートは、昼も夜も出なかった。

さて、ここで重大なお知らせが。
我々が呑気に食ってる間に、土砂降りの雨でございます←驚いてないもん


傘を差しながらの写真撮影に難儀しながらも、有名な階段を上りめいいっぱい夜の九份を意地でも満喫する。

↑『千と千尋の神隠し』の湯婆婆の家のモデルとかなんとか言われているけど、宮崎監督は否定してるとか。


↑ていうか、九份と言えば『悲恋情市』の方が有名

脇道を行くといろんなお店が並んでたり、風情ある光景がみられたり…。

そして、それはそれは独特なニオイが…。
これが有名な臭豆腐ってヤツですかっ!
通常の豆腐でさえニガテなわたしが食べられるはずもなく、さっさと退散。
それよりビビったのは傍若無人に歩き回るお犬様!

猫はともかく、犬の放し飼いは勘弁して…。


歩いているうちに雨も小降りになり、集合時刻です。
さーホテルに戻って寝るぞーと思いきや、パイナップルケーキの店(維格餅家」に連れてかれる我々…。もう夜なのに、まだお店やってるんですね…。
あ、わたしは試食とお茶で済ませました。昨日、三越で買っちゃったからさぁ…。

やっとホテルに戻れる〜と思ったら、今度は士林夜市まで行くんですかぁ…↓

一応、ここで自由解散という流れだけど、降りて行ったのは4,5人かなぁ。ほとんどは疲れ果てて、バスの中に留まってた。
わたしも、もうこれ以上歩き回る体力は残ってないし、そもそも一人参加の身故、一人で夜道をホテルまで帰ってくるというのは如何なものか。
そんなわけで、ホテルまで送り届けてもらいました。もうクタクタ…。
| itoyan | −台湾への道(2015) | 22:08 | comments(0) | - | pookmark |
豚の角煮を観たいわん
さて、今回の旅行の目的でもある、本場台湾の故宮博物院見学!…のその前に。
☆免税店(約40分)(everrich/昇恒昌)
ついに来ました、パックツアーにつきものの免税店強制収容の時間です。
一つも買いませんが何か。

ココロはすでに↓
◎故宮博物院(約60分)

当初のワタクシのプランとしては、ダッシュで302室(=白菜と角煮がある部屋)に向かい、あとはさらっと回って、30分くらいはグッズを物色する流れだったのですが…まさかの

最初から最後までガイド付き見学!!…orz

その解説、去年散々上野で見たり聞いたりしたのでいらないですぅ…。しかも徐さんは三回同じことを繰り返すので、どんどん時間が過ぎていく…。
結局三階から一階まで有名どころの開設を聴きながら見学し、残された時間はたったの10分!
あのー、皆さん、せっかく故宮に来たんですよ…。トイレやら休憩やらで、グッズ見てまわらないんですか?←中に入って行ったのはわたし一人
ああ、どんなグッズがあるのか、隅から隅までずずいと見てまわりたかった!
とにかく時間がないので、手前にある手ごろな値段の手ごろな品をカゴに入れて、お会計に並ぶ…って、こんな時に限って地元小学生の団体が、カゴに一つだけの買い物で無駄に行列を作ってるううううっ!
…と焦りながらも、何とか無事に集合時間に間に合いました。


↑孫文先生

何年か前に両親がやはりツアーで故宮に来たときは、押し合いへし合いでとにかくすごい混雑ぶりだったらしいが、この日は、徐さんによると「めったにないくらい空いていた」そうです。
そういえば、「白菜」も「角煮」も(「人と熊」も)並んだとはいえ、じっくりゆっくり眺めることができたし、その他の展示室に至っては、余裕をもって鑑賞できました。
とにかく、東京に来なかった「豚の角煮」を観ることができて幸せだ…。


☆民芸品店などでのショッピング(約40分)(金龍藝品)
だーかーらー!この40分を故宮に(ry
それより、ここの近くにフルーツショップがあって、こっちの方が楽しかった。


グアバジュースを100台湾ドルで買いました。

甘くはないけど、スッキリします。ああ、南国。


○行天宮
行天宮では、『三国志』でお馴染みの関羽を祭ってます。

中華街の関帝廟なんか比べ物にならない壮大さ!
ここ、自由時間が結構あったので、行列に並んでお祓いしてもらいました。
名前を聞かれるので、中国風に言ってみたのだが、漢字を見せればよかったな。
この時間を利用して、近くの感じのいい喫茶店でお茶するツワモノもいて、それはそれで楽しそうだとも思った。

行天宮の駅地下は、占い横丁になっています↓

日本語が通じるところだらけだ。スゲーな、台湾。
| itoyan | −台湾への道(2015) | 17:00 | comments(3) | - | pookmark |
小籠包を食べたいわん
天気予報の言うとおり、朝からどんより曇り空の台北です←雨降ってないだけマシ
おかげで、昨日よりちょっと涼しい……かも?

今日は終日観光なので、8時10分にはホテルのロビーにお迎えが来ることになってます。そこから逆算して7時にアラーム設定してたのに、アタシのケータイ、鳴らないじゃないのさっ!
…ってよく見たら、マナーモードになってたわ(^^ゞ

朝食はビュッフェ形式ですが、はっきり言ってショボイです。
お口に合いそうなものがないので、皿の上が寂しい↓

↑食パンに塗るバターがココナッツバターってのがさすが南国
ま、食えりゃいいのさ

このホテルからツアーに参加するのはわたし一人ですが、バスに乗り込むと既に18人も先客が。勿論、彼らもいろんなホテルからpick upしてもらった阪急のツアー客。
ちなみに一人参加はワタクシ一人でございます…。
本日のガイドは徐さん(女性)。なぜか同じセリフを三回繰り返さずにはいられないらしい…。
街並みが南国ですなぁ…↓



☆総統府 (車窓)



○中正紀念堂
台北市民憩いの広場






ここで徐さんに、オプションの「九份トワイライトツアー」への参加を打診されました。
うーん…正直夜まで体力持つかどうか。ていうか、明日の午前中も九份のオプショなるツアーがあるじゃない?どうせなら明日にしたいんだけどなぁ…。
徐さん:「行くなら夜!絶対夜。行くね?はい参加ね。五千円!」
迷ってるうちに押し切られてしまった…。
バスに戻ったら、理由が分かった。わたし以外の18名が全員、今夜の九份に行くことになっているので、わたし一人の為にホテルに戻りたくないのね。
まぁ、いいけどね。頑張れ、ワタシ!


○忠烈祠
台湾の靖国か?
戦死した兵士を祀るところです。




観光客のお目当ては何と言ってもエリート兵士による衛兵交替式。

ちなみにここの衛兵になるには、優秀であることはもちろん、身長170儖幣絣遒張ぅ吋瓮鵑任覆韻譴丱瀬瓩覆鵑世修Δ任后

制服来た高校生がいっぱいいると思ったら、君たち、日本人かっ!(金沢の高校だった)
下手に沖縄とか北海道行くより安く済みそうだもんなぁ…(引率の先生方は大変そうだけど)。


○お茶セミナー(約40分)




「寶島漫步餐廳」ってところで、東方美人や普洱茶(プーアル茶)の淹れ方や飲み比べ。
なんかこないだ、似たようなことを銀座でやったばっかだぞ(笑)。



お店の人、皆日本語うまいなぁ…でも買わないよ、ごめんね。


昼食 (「鼎泰豊」にて小籠包)
11時半ごろ、鼎泰豊本店に到着。さすがガイドブックにも載ってる名店だけあって、行列作って並んでる〜。
そんな中、団体様御一行は三階の個室にご案内。

てっきり小籠包だけかと思ったら、出るわ出るわ、中華料理のフルコースと言った感じ。



味はトーゼン最高級でございます。
中華の何がいいって、数が決まってる料理はともかく、量は食べられる分だけ取ればいいところ。まだ食欲が絶好調ではなかったので、控えめに、でも美味しくいただきました。
| itoyan | −台湾への道(2015) | 12:00 | comments(0) | - | pookmark |
台北散歩
翌日は一日観光で拘束されるし、雨も降るとかいうので、今日のうちに近所をお散歩して来よう。
ホテルがあるのは、台北中心部の北部でMRTの駅で言うと中山国小駅の近く。


林森北路と錦州街の交差する辺りです。
とりあえず林森北路をまっすぐ南下して、中山駅近くの新光三越まで歩いてみよう。


街中でも結構緑が多い↓


でも大通りは空気が悪い…


新光三越↓


“Young Girl”が「青春少女」って、なんかステキな響き…↓


地下のフードコートには丸亀製麺がありました。
台湾なら1ヶ月くらいは、言葉が不自由でも、食事に困らないなぁ。ていうか、日本語通じちゃうし。

ところでワタクシは、三越よりも、道を挟んで向かいにある「金興発生活百貨」ってスーパー(生鮮食品以外ならほとんどなんでもある)が気に入っちゃって、小一時間入り浸っちゃいましたよ。どうでもいい雑貨(中国語が書かれたナニかとか、Made in Taiwanのナニかとか、自宅用のお土産とか)を買いまくり。コンタクトレズを入れる小さなケースもここで購入。
ちなみに隣にはダイソーもあった。

バーガーキングもマックもあるでよ↓

うーん…せっかくの台湾なんですが、実は出国前から食欲なくて、あまり腹の具合がよろしくないのであった…。

ファミマもセブンもあるでよ↓(蔡さん:「ローソンはない、ローソンだけない!」)

なので、夕食はテキトーにコンビニで買っちまった。MOTTAINAI!

ホテルに戻ったら、『ドラえもん』やってました。のび太のくせに中国語喋ってるううう。生意気だぞ!(笑)


年のせいか、大して歩いてないつもりだったのに、えらく疲れました。
疲労の極みなのに、筋肉痛がひどすぎて眠れないなんてえええ!
| itoyan | −台湾への道(2015) | 22:11 | comments(0) | - | pookmark |
台湾に行きたいわん
そういうわけで(参照)、初台湾〜♪
行程

12:40 羽田空港発(BR-191)
15:05 台湾松山空港着

宿泊:上賓大飯店(VIPホテル)

ツアーかつアジア圏かつ羽田発ということで、緊張感まるでなし…(^^ゞ
おかげで、空港行きのリムジンバスに乗ってから初めて、数々の失態に気付きました。
]啝計が止まっていた!
実はワタクシ、子どもの頃から今に至るまで、アナログの時計を瞬時に読み取ることができなくて、普段から腕時計してても見る習慣がありません…。もうすぐ国際線ターミナルに到着だっ!って時に初めて時計を見た次第(笑)。
さすがにこれはまずかろうと、空港内で買いましたとも。¥1,500の出費〜(涙)

▲灰鵐織トレンズホルダーを忘れた!
ウチの洗面所に置きっぱなし…。

デジカメにSDカードが入ってない!
なぜ、自宅でこのチェックをしないのだ?ホンマ、あほやろ…。
免税店で購入しましたよ…orz
もう忘れ物ないだろな?


ところで、なぜに台湾のエバー航空が、日本のキティ姐さんをイメキャラに使っているのでせう…。

ちなみに機体もキティ便でした。

もうKLMもミッフィー便とかやっちゃいなYO!

これが噂のソラマチというやつか…








機内も勿論、キティ仕様↓


機内ではゆっくり映画を観る…どころではなく、乗ったらすぐに機内食。

↑チキンかポークかと聞かれたのでチキンを選択

食べてる間に沖縄を通過し、あっという間に台湾です。
思い出すなぁ、以前香港に行った時のこと。夜便だったんだけど、うわ、なんか急に明るい島が眼下に見えた!と思ったら、それが台湾だったのよね…(遠い目)。

松山空港では、現地ガイドの蔡さん(男性)が出迎えてくれました。「あとお二人来るんで待っててください。両替はそこの銀行でどうぞー」
あら、送迎バスの中でガイドさんが両替してくれるのかと思ってたわ(←大連と香港はそうだった)。
日本で替えるよりはレートがいいらしいです。大体1台湾ドル≒3.7円。
全部で三人、車に乗り込んで同じホテルへ出発!(え?これだけ?)
つーか、松山空港ってホントに街中にあるんですね。たいていどこの国も、何もない郊外の空港から中心部へ行くもんですが、空港からホテルまでほぼずっと都会を走ってた感じでした。
それにしても暑い…。大体1か月半前に逆戻りだわ…。
そんな夏日も蔡さんによれば今日で終わり。明日からの天気は見事に下り坂で雨の予報も出ていますって…。台湾でもいかんなく発揮する雨女っぷりであった…orz


ホテルに着いて、ホッと一息…

大きな通りから一本脇へそれた所にあって、外見はぁゃしぃ場末のホテルって感じですけど、中は結構ゴージャス♪


バスタブ付き♪


プラグは110Wで変圧器必要なし。冷蔵庫もクローゼットも付いてまっせ♪
飲料水は、必ずペットボトルの水を使うようにとの蔡さんからのお達しでした。

VIVA!お一人様、二本もあるわ……ああああっ!

げ従竸緞困譴燭△△←筋金入りのバカ
| itoyan | −台湾への道(2015) | 12:41 | comments(0) | - | pookmark |
秋のぼっち旅行
先輩。年季も明けたことでやんすし、今年はどちらへ旅行に行くんでやんすか?

おう。それなんだがよ。どこに行くにも俺とピョン吉じゃ、ぼっち参加になっちまうんで、高くつくったらありゃしねぇ。

ひろしはさ、軍艦島がみてぇっていってたんだよ。けどさ、秋の長崎は春先より高いんだよなぁ

それもそうでやんすね。なんでしたら、国内旅行にちょいと上乗せして、いっそ海外に行っちまうってのはどうでやんすか?

おっ。五郎にしちゃ上出来だぜ。でもよ、今から海外だなんて空いてるのか。俺はよ、来年6月にはベルリンに行くって決めてんだ。今年はヨーロッパには行かねぇぜ。

そうだ、ひろし。台湾はどうだい?お前、去年、上野の故宮博物館展に行列並んでまで行ったじゃないか。

母ちゃん…グッドアイデアだ!なぁなぁ、ひろし、台湾行こうよ。おいら、本場の小龍包食べたい。

台湾か…いいねぇ。でもよ、一人参加+朝食&観光付き+燃料費込で、来月に空きがあるツアーなんかあるか?

なんだ、ひろし。お前、「ぐぐる」って言葉も知らねーのかよ。なっさけねー奴だな。

何だと、ゴリライモ!言われなくても、今やってるぜ!

あーっ、ひろし、あったよ。以前、クリスマスツアーで使った阪急系列でそこそこ安いツアーが!おいら、ここがいい。羽田発だし。

よし、決めたぞ。即決だ。即入金だ。来月7日から二泊三日で行ってくる!京子ちゃん、お土産買ってくるからなーっ!



というわけで予約したのがこちらのツアーでございます。
【燃油込】羽田午前-昼発☆エバー航空利用|台北3日間|2日目市内観光プラン
| itoyan | −台湾への道(2015) | 20:23 | comments(0) | - | pookmark |

一番上へ