三代目徒然なるままボヤッキーニッキー

Happy Happy Marriage
0
    暑かった2016年の夏も暦的に終わろうとしている今日この日(実感としちゃ、まだまだ暑いが)、ひと夏をネットドラマ『はぴまり』と共に過ごしましたが、とうとう最終回でございます。
    今わたし、完全に北 斗 ロ ス !! 

    ジュアル的にも、キャラ的にも直球ど真ん中だったわー。
    誰にも心を開かない超上からエリートイケメンが、愛情がほしかっただけの口下手表現下手の「寂しがり屋の北斗君」(by中の人)だと徐々に分かっていって、最後には契約結婚から始まった妻とラブラブとか、もう(わたし的に)萌え要素てんこ盛りじゃん!(笑)
    そのキャラに花を添えてたのが、バーニーズのラインナップね。そんじょそこらのリーマンにゃ手が出せない高級感が、中の人の美貌と相まって素晴らしく高級感を出しまくってた気がするの…。


    ↑目覚めたらこの顔が見下ろしてるって、それ『あさが来た』First Penguinシーンww


    ↑やだ何このかわいい夫婦のペアルック感w


    ↑礼服も完璧!
    着せられてる感がまるでないよねぇ。
    美しさのあまり、もう少しアップでもキャプってしまった(どんだけ…)


    はーごちそうさまでした。
    あ、千和、忘れた(^^ゞ

    ついでかよ…(笑)

    単なるラブコメだけじゃなくて、途中からミステリというかサスペンス要素が高まっていったのも視聴ポイントだったなぁ。
    これって、多分、原作コミックで主人公だった千和から、ストーリーの起点を北斗に移したからじゃないかなと思うんです。
    そもそも結婚がテーマのドラマで男性主役ってあまりない、というかアリエナイ。
    地上波連ドラなら絶対知名度ある女優を主役に据えるはず。千和より北斗に知名度と勢いのある俳優を持って来た時点で、「原作とは別物ですよ」って言ってるようなもんだよね。
    もうね、ここんとこは本当はPにズバリ聞いてみたいところなんだけど、まぁ業界内のあれやこれやがあったんだろうなぁ。
    で、30越えた北斗主役にすると、さすがに「結婚」で浮かれたり沈んだりっていうのはキツいでしょ。なので、一族の跡目争いとか母親を殺したのは誰かとかそっち主導になったのかな〜って思った次第。
    おかげでわたしは楽しゅうございましたが。

    で、結局犯人は、前回正嗣さんがもっともらしく教えてくれたりはしたけど、その辺のひっかけもコミで予想通り!

    ↑理さんの奥さん、佐織さん

    うん、そうだよね。息子可愛さのあまりっていう動機だよね。
    うわー、でもこわいわー。人一人殺しておいて、おまけに未遂も何度か起こしておいて、今日この瞬間まで罪の意識まるっとなかったって、何というホラー。
    そして誰もこの方に罪を償わせようって思沸かなかった間宮一族の闇深さ!
    なんかこの先、間宮一族のトップになったとしても大丈夫か、北斗!…ってそこで、亡き父、征司さんの「お前は家に呑み込まれるな。間宮の家を利用しろ」って言葉が効いてくるんだな。


    ↑あら、『真田丸』のわくさ(=マグダレーナ、小西行長の母)と平野長泰様ではないですか!
    お母さんの必死のとりなしで、孝之君も放置民、いやホーチミンから戻ってくるってよ。
    優しすぎるわ、北斗よ。


    さて、最終回でも、というか最初から最後までかわいそうなのが美咲様と八神君ね〜。
    勝手に横恋慕してた八神君はまだ若いし、これからモテ期が来るかもしれないので頑張れ超頑張れってとこだけど、美咲様の扱いったら!
    そんだけ千和の手練手管のない素直さや、屈託ない明るさとか、無条件に味方でいてくれるとことかに北斗が救われたってことなんだろうけど、わたしは好きだわ、プライドが邪魔して素直になれない女(別に上から麻里子さまが好きなわけではない)。
    ちゃんとボディガードに千和の拉致実行中止の命令まで出してあげたってのに、その美咲様に自分らの結婚式の写真送りつけるなんて千和も北斗もドイヒー(涙)。

    ↑焼やしかけた写真、やっぱり燃やし切れずに途中で消しちゃう純な美咲様に幸あれ!


    最終回のツボ

    かっ可愛い!
    さすが大ベテラン鷲尾真知子様wwww


    通常仕様の地上波ドラマに少しでも出てないと、「もうブレイク終ったの?」とか「今何やってんの?」って言われるのがイヤで、「ネットドラマに出てます!」「主役です!」ってアピールしたくて、blogで毎回感想書き殴ってました(笑)。
    だってさぁ、応援してるヒトが過密スケジュールの中、三本同時撮影で死にそうなのに、そういう言われようって悔しいじゃん。
    でも、視聴しながら書きながら結構楽しかった♪
    Amazonプライムには入れないけど、そんなに面白いんなら観てみたいというアナタに朗報です!
    | − 「はぴまり〜Happy Marriage!?〜」 | 21:38 | comments(4) | - | ↑PAGE TOP
    「たとえあなたが振り向いてくれなくても」
    0
      写真の二人を引き裂きーの


      隠しカメラを仕込んでかーらーの


      密会写真を妊婦に送り付けーの


      千和に刺客を送りこんだことを盾に、元彼北斗に迫りーの!


      やりたい放題、美咲様!\(^o^)/
      いや、でもこれはもう北斗悪い。
      そうだ、確かに「愛より野望」とか言ってたくせに、急に「今度は愛妻家」に路線変更されたら、黙って身を引いた側はやってられんわ。
      だーかーらー言ったじゃーん。女と別れるときは後腐れなく未練を持たせないようにしろって!
      分かってる?キミの「間宮の家に入りこむため」美咲様と別れて契約結婚に臨んだ経緯って、憎んでた父親が「家のために彼女と別れて、資産家の娘と結婚した」っていうのと同じなんだからね。
      むしろ元カノのことが死ぬまで「別れても好きな人」だった征司さんの方がブレてないんだよ…。

      でも美咲様は優しいよね。
      わたしだったら、切り取った写真そのままなんてとんでもない。元彼の方をダーツの的にしてめった刺しにしてやるし、

      ↑彼に渡すシャンパンには毒を盛ってると思う←どんだけ〜

      それでまぁ、そういう男女間のもつれより、もっと重要なのが「誰が蓉子(=北斗の母親)を殺したか」なわけですが。
      ゲスい間宮家の中でもことさらにチャラそうな三男が「理だ」って言ってたけど、それって会話の一部を盗み聞いただけの結論だよね?
      そんなあからさまに怪しいと思えるヒトは、二サスの法則から言っても犯人じゃないのよー!
      大体そこで短絡的に犯人に目星を付けちゃう程度の人間だから、間宮家の中でも孝之より下っ端扱いなのよー!(酷)


      こちら、噂の理さん↓

      ↑「間宮兄弟」顔、似てなさすぎ…

      前回の理さんのセリフとか、ヤらざるを得ない状況に陥った立場とか、北斗を抹殺することが誰の為に一番なるのかってことを鑑みますと、まぁ大体あの方なんだろうなぁと推測してはいるんですが…。
      ねーねー、ホントにこれ、次回で最終回なの?
      北斗はちゃんと美咲様と別れられるの?
      千和はぁゃすぃボディガード&色気づいた八神君から逃れられるの?
      お母さんをひき殺したり、北斗を狙ったりしてた犯人に制裁は下るの?
      ぬっくんはギャンブルから足を洗えるの?←それはムリ
      「柔道空手合気道五段」の相馬さん大活躍のシーンはあるの?←別になくてもいい

      ↑胎児に呼びかけるのに「アモーレ」って…(笑)
      「巧遅は拙速に如かず」って初めて知りました。為になるなぁ…。

      えーと、だからつまり上記全部、30分で収まるのーっ?

      ですよねー!

      今日のツボ↓

      ツボっていうか、この同系色でまとめた衣装のコーディネートが素敵で、しかも超似合ってるなぁって…。それだけだ、うん(*^_^*)
      | − 「はぴまり〜Happy Marriage!?〜」 | 21:42 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
      命の別れと始まり
      0


        鉱山の暴発事件でさえ負けなかった親分が、すい臓がんでお亡くなりになってしまわれました←混ぜるな
        死の間際で、両親+相馬さんの過去を知り、ようやく和解にこぎつけた北斗。

        ↑この、相馬さんをまるで母であるかように万全の信頼を込めて見上げる表情よ…。
        ドS男の「鱗」はどこへやら、突然知った真実に対して幼子に戻ったかのような無防備な、そして不安げな様子がたまらんわ。

        ところで、何で北斗の部屋に「糖尿病」の本があるんだろうってTweetを目にして、そうそう!結構頻繁にこれ見よがしに映る『糖尿病の解決』って本をなんで持ってるんだ、北斗よって思ってた↓

        で、思い至ったのが唐突に出てきた征司の病名「すい臓がん」。もしかしたらと思ってググったら
        60歳代の方に多く、やや男性に多く発症します。喫煙、膵がんの家族歴、糖尿病、慢性膵炎などとの関連が指摘されています。参照

        これは…!
        初期の段階では糖尿病を病んでいたのかもね、征司さん。で、父親が入院していることを知った北斗が病名を聞いたかなんかして、こっそり病気について調べてたってことでは?
        なんだかんだ言っても気にかけてたんじゃん。心配してたんじゃん。この愛いヤツめっ!(笑)

        ようやく父と向き合った北斗…。

        ↑『あさが来た』や『喧騒の街、静かな海』でも思ったけど、泣き顔がキレイだー。


        ↑ああ、これは照明さん、Good Job! 良いご臨終のシーンでした。

        わたしとしてはできれば、征司さんには病を治してバリバリ現役に復帰していただいて、北斗の目の上のたんこぶになって、思う存分対立希望!だったのですが、まぁ尺を考えると仕方ないか。
        なぜか次弟の悟に北斗の補佐役と絶対的効力を有する遺言の執行を委任したことにより、北斗が受け継いだのは
        1.自宅不動産と預金債権
        2.間宮商事と間宮銀行の持ち株
        3.間宮繊維の代表取締役

        北斗ももはや「手に入れた上ですべてぶっ壊す」ことはしないそうですし、よし!ここで手打ちとしましょうや!

        …とはいくわけがない。間宮家三男、正嗣叔父さんの出番です!
        夕飯時に甥っ子のウチに押しかけてきて、「お前の母親を殺した人間が誰か教えてやろうか」って、それ、北斗と千和だけじゃなくて、わたしたち視聴者にも教えてくださいよう!←まさかの無音声

        ヒントは正嗣叔父さんが立ち聞きした会長と理の会話。
        会長:もしまた同じことが起きたら今度こそかばいきれん
        女を殺されて、征司は恨んでも恨み切れなかっただろう
        だがあいつは家の為に口をつぐんで死んでいった
        理:私の責任です
        …ってこれだけじゃさっぱり分からないー!
        しかし、会長、やり手ですな。北斗が実の孫じゃなかった場合まで想定しての、遠縁の孫娘である千和をあてがったとは…。
        よく考えたら、会長も征司も親子二代にわたって、惚れた女と結婚できなかったのか…。

        惚れてなかったけど、いつの間にかラブラブになってた北斗と千和との間に、待望の赤ちゃんができました。そんな中、次回は美咲様と八神君が大活躍(?)とか、殺伐として参りましたー。

        もうこのドラマの癒しはぬっくんしかいない!(東京湾に沈めろとか樹海に捨てろとか言っててごめんね)

        ↑「借りてきた猫」状態のぬっくん

        今回のツボは、そんな義父ぬっくんと疑似親子ごっこで父を失った悲しみを癒す北斗 in パチンコ店

        ↑高貴な方が下々の娯楽をお忍びで体験してますー的な違和感バリバリw
        | − 「はぴまり〜Happy Marriage!?〜」 | 23:40 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
        狙われた御曹司
        0
          全国、いや全世界の北斗並びに中の人ファンの皆様、ごきげんよう。
          ドラマ「はぴまり」フォトブック』↓は無事にご入手されましたでしょうか?

          発売日:2016年8月6日 定価:¥1,991円+税
          出版社:小学館

          「えー。でもアタシ『はぴまり』観てないしー」
          「中の人の写真集ならともかく、ネットドラマの紹介本でしょー」

          いやいやいやいやいやいや(ry

          こちら、看板に偽りあり。
          『はぴまり』に特化したページは10ページ程度。それ以外すべて、実質「ディーン・フジオカ写真集」だから!
          でもって、このまま「自伝」としてもイケるんじゃね?的なロングインタビューがめっちゃおススメだから!
          普段ドケチで知られるわたしが自信を持っておススメする。つーか買え!←ドS風


          さて、お待たせしました。謎が謎呼ぶ第九話。
          あーなんか構成的に、このドラマって四話区切りなのかなー。
          四話までが、発端。出会いから正式に夫婦としての成立を描いているわけで。
          中盤の五話〜八話は、元彼元カノ交えての疑惑を経て、夫婦として互いの本心を確認するまで。
          で、九話から最終回は、北斗の母を死に至らせ、その刃を再び北斗に向けようとしているのは誰かを探る…

          …って、ここんとこ上から美咲様やら、草食系八神君やら、能無し孝之やらが活躍しすぎで、母親の交通事故死のこと、すっかり忘れてたわ(^^ゞ

          そうか。早い段階で、北斗が父親が母親を殺したとか物騒なこと言ってくれたおかげで、すっかりその線で見てしまってたけど、実は北斗が狙われていて、母の蓉子は彼をかばって死んだのか。
          しばらく見ない間に炭鉱の親分間宮繊維元社長である北斗のお父様、すっかりやつれてしまわれて…。

          ↑すい臓がんで余命二ヶ月ですって…


          ↑母を失った幼い北斗から笑顔を奪ったことを悔いているご様子…って、めっちゃ某大都芸能の若社長の御幼少のみぎりエピとかぶるんですけどww

          大体今でも蓉子を忘れられないお父様が彼女を轢き殺すわけないし、そういえば蓉子さんと同じ年だった相馬さんが実は彼女の親友だったとか、次から次へと明かされる新事実!
          くっそ。北斗に同調して、真実を見抜けなかった自分が悔しいなぁ。北斗のバカっ!←八つ当たり

          というわけで今回、(前回のヒキを含めて)三回も殺されかけてる「狙われ属性」のくせに、十日で退院して、その三日後には間宮家親族会議に出席するとか、さすが「男は黙って筋トレ」とのたまうだけある(←それは中の人)。

          ↑毎度毎度思うんだけど、次男の嫁とか三男の嫁とか孝之の嫁までがこの場にいる必要性って何ですか、会長。皆さん、それぞれが株主か何かなのかしら。

          結局、商談の場にいなければいいってだけの理由で、北斗を背後から致命傷を避けてぶっ刺したのは、孝之の放ったプロの刺客だった。ということは、モロに彼をひき殺そうとしてる車の運転してるヤツは、孝之とは別の思惑で動いてる人間、しかも約二十年前から彼を亡き者にしたいと思ってる人間なのね。
          てことは…後継者が欲しかった北斗のお父様が彼を殺すわけないんだから、次男か三男か大叔母様か…。
          いやちょっと待って…もしかしておじい様とか?

          原作厨の皆様にはさぞかし不評でしょうが、
          そういった筋が私には好みです」@ちかえもん
          ↑ああこのセリフ、銀之丞さんだw


          「でんかのヤマグチ」の愉快な皆さんも、ぬっくんも出てこないドシリアス回ですが、今週のツボ↓

          脱いだら脱ぎっぱなし、歩きながら服を脱ぎ散らかすあの北斗が、自らクローゼットからハンガーを取り出すとわ!(←そこかよ)
          千和の教育の賜物だろうか…愛って貴い。


          ↑オールブルーの北斗(←カジュアルだけどバーニーズ)と、ピンクの千和と、バックのグリーンがめっちゃフォトジェニック〜。
          そして「超上からドS男」だった初期に比べて、なんと険の取れた表情よ…。

          残り三話、どうか北斗がずっと穏やかに笑っていられますように。
          | − 「はぴまり〜Happy Marriage!?〜」 | 22:30 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
          君は薔薇より美しい
          0
            全国の北斗ファンの皆様、ごきげんよう。
            何にも言わずにとにかく、See it↓


            これだけの大量の赤い薔薇を抱えながら、薔薇に負けてないどころか薔薇より美しい人がお台場にたたずんでいるというのに、素通りできる通行人の気持ちが全く理解できません!(笑)

            え?アップで見たい?
            しょーがないなー(笑)


            実はこのシーン、8話のラスト。この後、北斗はなんと刺客にヤられます。





            ↑ああっ、その角度で倒れると間違いなくケーキがひしゃげるっ!

            あの…『はぴまり』って(ちょっとセクシー路線な)ラブコメじゃなかったでしたっけ?

            何この火曜サスペンス劇場感!



            ここで予告を入れずに八話を終わらせる潔さが、地上波ドラマにはできない実験をやってのけた「ネット配信ドラマ」だなぁとちょっと感慨深い。
            時系列バラバラで「予告詐欺」(五話)ってのは、わりとフツーのドラマでも見受けられるけど、敢えて予告をすっ飛ばすって、すっごい放置プレイで、フツー出来ないよねぇ。
            でも、そのおかげで予告に誘導されずに、あれこれ展開を想像(妄想?)できるし、何より次週へのヒキがものすごいことになる。

            ていうか、今、北斗を殺して利があるのって、めっちゃ千和じゃね?←遺産相続的な意味で

            ま、「傲慢で無神経でさっきもすぐに出てこいとか勝手なことばっか言うし、好きでいてもいいことなんて全然ない。すごく疲れる」夫が好きなんだと自覚したので、それはないが。

            お部屋がきれいに片付いてて


            お庭でハーブ育てて、ハーブティーを淹れてくれて


            お誕生日に手料理でもてなしてくれて、

            とにかく優しい八神君といた方が和むし、落ち着くし、安定するんだろうけど…。
            千和は、活火山に放り込んでも許されるレベルのサイテーなお父さんを見捨てられない人だからねえ…(とか言ったら「俺はぬっくんと同じ扱いか!」って北斗が怒りそうだが)。
            起業する八神君を手伝って、二人で事務所を探してるとこはめっちゃ可愛かったんだけどさ↓


            そりゃ美咲さまも「お似合いね」って言っちゃうよね〜。
            そんで、北斗もしっかりジェラシー感じちゃうよね〜。



            ↑この超絶不機嫌モードな北斗萌え

            ちなみにどさくさに紛れて人妻に抱き着く八神君が、そこはかとなく五代様だった件(笑)



            すっかり「北斗のオカン」な相馬さんからの指摘で、「ビジネスパートナー」が如何に伴侶を不安にさせているかに気付いた北斗が、千和の誕生日を祝うために、薔薇と一緒に抱えてたのは↓

            この誕生日ケーキ、オーダーしたのは相馬さんですかね、やっぱり。
            そういえば この男、キスやらハグやらデートやら公式発表やら殺し文句での口説きやらはやってたけど、一番大事な事↑は口にしてなかったっけ。

            ちなみに、千和の誕生日は

            ぬっくん家、夏でも炬燵だしっぱなの?

            千和が永福町からお台場に来る間、ビジネスチャンスを潰してまで、彼女を待ってる北斗のバックで流れる曲が泣かせます↓

            夏の風が 君をどこか 遠くへと 奪っていく
            言い出せずにいた想いを ねぇ届けなくちゃ
            君を失いたくないんだ


            (視聴者が)君(=北斗)を失いたくないんだ、ってのに刺されるとわー(+_+)

            でも大丈夫!
            北斗の中の人がクランクアップ後のラジオで「ハッピーエンディング」って言ってたから!(笑)
            | − 「はぴまり〜Happy Marriage!?〜」 | 23:40 | comments(2) | - | ↑PAGE TOP
            横恋慕も岡惚れも
            0
              まとめて大活躍!な七話でした。
              いいぞもっとやれ←北斗以上のドS発言を許し給えw

              おっと、その前に デビュー曲とは思えないほど、迫力とパンチのある歌声なんですけど…。

              ていうか、あの!時任“牛若丸三郎太”(←これが分かる人は多分わたしと同世代w)のお嬢さんですって。道理でこんなTweetしてたわけだ↓
              時任さーん!お嬢さんの曲、海外にもファンの方がいて、わたしに「誰が歌ってるんだ。何て曲だ」って英語で聞いてきた人もいるんですよ〜。
              つーか、(日本語、分かるんか?という問いは置いといて)フツーに非日本語圏の人も観てて、フツーに感想をTweetしてるってすごくね?
              ああ、そうか。これが「ネット配信ドラマ」の存在意義か〜。
              ちなみにED曲、『鱗』についても海外からの教えてちゃんがいて、Globalizationを感じる今日この頃…。


              さて、「すべて計算した上で動いてい」るという北斗の言葉と、元カノの「上から攻撃」のダブルパンチで自信喪失の戸籍上の妻、千和。
              北斗のピンチは自分のチャンスとばかりに、救いの手を差し伸べる元カノ、美咲。
              社長命令に背いて自らが招いた失敗であっても、だから何?社長が責任取ればいい!と言ってのける従弟の孝之。
              …甘い!

              脇が甘すぎるんだよ、北斗!

              千和、安心していい。このイケメン金持ちエリート、「冷酷」な仮面の下は隙だらけだ(笑)。
              うん、「味方が欲しいんだ」(二話)って言ったのは真実だと思うよ〜(あと水族館デートも芝居じゃなかろう)。
              つーか、北斗はまず公私共に関係してた元カノと別れるときは、相手に振ってもらうくらいの工作しないと!それか、関係性を根元からスパッと絶つ!
              単なる「ビジネスパートナー」って思ってるのは北斗だけなんだからねっ!大体、すっぱりきれいに別れた元カノは、法律上の妻相手にこういう「上からな態度」はとりません↓

              *決して身長差からくる「上から目線」だけではない

              あと、実力ないくせに自らも粉飾したがってる常務を蹴散らすときは、それ相応の対価を支払わんと。
              高い鼻をむやみにへし折ると、しっぺ返し食らうのは、粉飾決算記者会見場に入れなかった件で学習したと思ったんだが…。
              お父様、教育がまだまだ甘うございますわ!
              〜間宮征司の教育方針三箇条〜
              一.「人を信用しないこと」
              ニ.「心のままではなく、計算して動くこと」
              三.「金の力を頼みにすること」
              ↑なんか速水英介・真澄親子(@ガラスの仮面)を思い出したのはわたしだけ?

              この間宮家だけはない「魑魅魍魎」のドラマ内、弱り切った千和にツケこむ…かと思いきや、どこまでも紳士だった八神君と、謎の万能力をお持ちな相馬さんだけが癒し…。

              ↑そのラグジュアリーな勝負下着、晶姐さん(@ダメ恋)のお店で買ったんですよね、相馬さん!←混ぜるな

              今週のツボ

              何と言う「掃き溜めに鶴」感!
              北斗の周りにだけ溢れるマイナスAEON、いやイオン…(笑)

              全国の北斗ファンの皆様、この夏のクールダウンに是非一家に一冊、『ドラマ「はぴまり」フォトブック』は如何でしょうか。

              定価:¥1,991(+税)  発売日:8月6日
              | − 「はぴまり〜Happy Marriage!?〜」 | 20:21 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
              間宮一族の陰謀
              0
                物語も折り返し地点となりました。
                ラブコメは「カップルの恋愛成立までの過程」だけではなく、むしろそこからの紆余曲折を描いてこそ。
                元カノも横恋慕くんも間宮一族の皆々様も、後半戦、ベストを尽くせ!(意味分からん)

                そんなわけで、まず、元カノの上から麻里…じゃない美咲様。
                御自分から週刊誌にネタを振っておいて、
                「あんな記事が出たら間宮北斗の名に傷がつくでしょ」
                そうですか、奥様の過去ネタ記事が出たら「間宮北斗の名に傷がつく」けど、ご自分とのスキャンダルはオッケーなんですね…ってすげー論理だな、おい。

                「新社長には敵が多いんです」
                ええ、そうですね。アナタが余計なエサを蒔いたおかげで、アナタの元彼、親族会議で吊し上げられてますよ?

                「妻だけが良きパートナーとは限らないと思いますけど」
                それを言う相手が、妻以外の女の間に息子を作っちゃった人っていうのがね…。


                切り落としてるの蕾だし〜。怖いし〜。


                何でもご存知な相馬さんだけが頼りです(←つーか紀香姐さん、いい味出してて最高っす(^^)v)

                ↑鈴鹿スペシャル?(@あまちゃん)


                次、千和の良き理解者のようでいて、さりげなく人妻相手にアプローチし続ける八神君。

                やだ何この 一 家 団 欒 @ぬっくん
                つーか、ぬっくん、道端に倒れてるなよ…。いらんこと喋るなよ…。

                一方、エリートイケメン若社長。本日の「孤独のグルメ」↓

                コンビニ弁当か、ホカ弁か…。御曹司に何食わせてるんじゃい、このドラマ(笑)。


                さて、一番手ごわいのが


                奥に陣取るのが間宮グループ会長・林蔵(78)←間宮海峡発見者ですか?

                一族の中でおじい様だけが北斗の味方…のように見えて、何かあったらやっぱり孫より家名を取るんだろうなぁ。

                会長の右手奥の空いてる席に座ってたのが、多分、長男の間宮繊維前社長で、現在は病気療養中の征司(56)

                北斗は彼の息子です。
                お父様、ずいぶん気力が弱ってらっしゃるようで(←原作とまるっと違う点)、息子と壮絶なバトルを繰り広げるくらいまでには回復していただきたいんですが…。←何期待してるんだ

                その隣が次男一家。まずは征司の次弟、理

                この叔父さんだけは「バカばっかな」一族の中でもまともに見える。今のとこはね。


                ↑の右側三人が、妻の左織、一人息子の孝之(間宮繊維常務)、その妻、美佳
                おかーさん、いい人そうに見えてたたけど、息子ちゃんベッタリだからなー。

                左側の二人は、北斗の隣りに座ってる三男、正嗣とその妻・理英子
                この叔父と従弟がなにやらアンチ北斗のタッグを組んだようです。うむ、頑張れ、超頑張れ(笑)
                ところで、なんかめっちゃチャラそうな三男夫婦が超お似合いのバカップルで結構好きです。特に妻役の大河内奈々子の超嫌味な言い方が絶品!

                さて、会長左隣りに鎮座ましますのが会長の御令妹・麗子(73)

                この方は最初っから北斗憎しがあからさまですが、別に事業の実権握ってるわけじゃないので、鉄面皮北斗は気にも留めていない様子。

                そんなわけで、次男一家の暗躍に乞うご期待!…してるのはわたしだけか?
                内憂(親戚)外患(元カノ)な上に、妻まで年下のバイトにふらっとよろめいてる、次回の北斗が楽しみです←ドSか


                今週のツボは、ラストの「すべて計算で動いてます」

                ええっ!水族館でラブラブしてたのも、千和のいいとこ探し(よく食べるとこって、『ダメ恋』のミチコかっ!)も「計算」ですか?どんだけ役者だよ、北斗。
                つーかこのデートシーン、ドライブの感じといい、北斗のスタイリングといい、年の差カップル感といい、まんま「Ray」7月号w


                デートで水族館て、『王子様をオトせ!』でも観たばっかなので、めっちゃ既視感。
                ていうか、しながわ水族館て一度行ってみたいんだけどさぁ、何だよう、デートスポットなのかよう…。
                誰かワタシとデートしてくれる女子、求む!

                どうでもいいけど、この濡れ髪北斗が一瞬、南部ダイバー先輩福士蒼太くんに見えました↓

                一回り以上違うんだけど、何となく似てるように見え…ませんかね。


                なんか、今回の脚本があっさりだな〜と思ったら、浅野さんじゃなかったのね。
                 
                妙に納得の箸休め回っぽい六話でした。
                | − 「はぴまり〜Happy Marriage!?〜」 | 19:50 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
                上から元カノ
                0
                  お疲れ様です〜。
                  おディーンもようやく「三役同時進行」から解放やね〜。

                  そういえば、今日、リア友とランチしてたんですが、彼女が教えてくれたドラマ感想blogに引用されてたTweet、わたし、知ってる!つーか、アカ名見たら分かる人には分かる!(笑)


                  「かぶってる」シーンはこれです↓、AYO様。

                  わはははっ、見事に「かぶってる」!
                  そうなのよ、『はぴまり』もいろいろと昭和感満載のドラマなのよ。地上波でフツーにやってたらタッキー以上にツッコまれてたんだろうなぁ…(^^ゞ
                  ちなみにロケ地は「バーニーズニューヨーク新宿店」。北斗の衣装提供してるとこですね。

                  さて第五話。
                  あれ、今日最終回?と言ってもいいくらいのキリのいい終わり方。法的にも社会的にも二人の感情的にも、しっかり夫婦となった北斗と千和。いくら同族会社の社長就任パーティーが結婚式の代わりだからって、チューしちゃうのはどうかと思うが、そこはスルー推奨てことでOK?
                  そして、こんなキレイなシーンなのに、「上手いこと、タトゥー隠してんなー。撮影班Good Job!」とか思ったわたしのバカ!ww


                  ま、それはさておき。
                  折り返し地点で、もうラブラブ?ドS廃業?
                  恐らく、五話まではいわば序章。むしろここから先こそ、ドラマの本題ではないかと思うんです。
                  そうよねぇ、ページ数をいくらでも割けるコミックならともかく、話数が決まってるドラマじゃさっさとくっついて、脇の元カノ、横恋慕君、「バカばっか」(@北斗)な一族の皆様に奮闘していただかないと、ドラマとして成立しないもんねー。
                  まぁ、ほんとの大団円は最終話で達成してくれればいいんであって、きっと六話以降、いろんな問題やら横ヤリやらすれ違いやら陰謀やらが起こるってことだよね?
                  てか、そうでなければ面白くもなんともないよ?

                  それにしても、参りました。
                  四話のラスト、五話予告にすっかりだまされちゃったよ。
                  )姪諭А峽觝Г糧表をすることになった。今すぐ来てくれ」
                  ∪蚣臓А峪筺△海里泙淤姪佑鳩觝Г靴討いい里な」
                  K姪諭А屬△覆燭郎覆里海寮茲琉貔犬棒嫻い持てるんですか!」
                  だ蚣臓А嵳爾戞美咲さんといたんですね、北斗は」
                  ゴ峙棆馗后А峇峙椒哀襦璽廚涼冑瑤鮴ご屬砲気蕕靴拭続投はないと思え」
                  週刊誌編集者:「名誉棄損も受け付けませんよ〜」
                  Т峙楡技漫А嵋姪遊の命運も今日までってところかなー」
                  八神:「北斗さんのこと、好きなんですか?」
                  美咲:「女の幸せっていうのは、愛する人に愛されるかどうかです」
                  相馬:「結婚の発表は延期となりました」
                  この予告だけ観ると、「おお!五話はいよいよ結婚を公けに発表するのか!でも千和は北斗の元カノ美咲の存在に不安を感じ、おまけにキャバ嬢だった過去を週刊誌にバラされ、八神君に揺さぶられると。
                  一方、北斗は粉飾決算を明らかにしたことで、祖父である会長から責められ、親戚にほくそ笑まれ、万事休す。
                  結果、お披露目中止?」

                  …と思ってたらさ、これ、順番シャッフルしてんのねww
                  まず、Бイ藩茲董
                  間宮会長:「間宮グループの恥部を世間にさらした!…あっぱれだ!

                  大沢親分ですか?(笑)
                  どうやら、能無し常務(従弟の孝之)の思惑は外れて、会長のお褒めにあずかった模様です。
                  ったくおじい様は北斗に甘いんだから!…ときっとあの場にいた他の間宮一族の皆々様が思ったことでございましょう。いや、正しいのは北斗なんだけどさ。

                  次は─ああ八神君、かわいそうにいいっ!て、八神君役の彼、今の朝ドラに出てたんですって?←見てないので知らないw
                  あと関係ないけど、北斗の(相馬さんじゃない方の)秘書は駅伝君(@てっぱん)だし↓

                  『はぴまり』は朝ドラ俳優の宝庫かっ!

                  さぁ、来ましたよ、「上から麻里子様」…じゃなくて上から設楽美咲嬢!

                  嫌味にも自慢にも取れる北斗との関係を実にフラットに新婚の奥様に語る元カノってことで、あ。
                  怖いー。意識してやってても、無意識だとしても怖いー。
                  つーか「きちんとあなたから卒業したいの」とか北斗に言ってたけど、未練たっぷりやないかーい!

                  そして、千和の過去が週刊誌にすっぱ抜かれて□。
                  つーか、そのネタ売ったの、オヤジのぬっくんかいっ!

                  ↑お食事券とか洗剤とか貰って嬉しがってるんじゃないっ!
                  青木が原の樹海まで拉致してやりたい…。
                  それにしても、千和は実家のある西荻窪と北斗のマンションのある六本木を軽々と往復するよね…(笑)。

                  すっかり妻にメロメロの元ドS男、北斗が週刊誌の編集部に乗り込んできて、→Α
                  五話のワタクシのツボは、エベレストより高いプライドの持ち主たる北斗が妻の為にマスゴミに頭を下げるシーン。

                  うむ。北斗=Mr.ダーシー説は実証された(笑)。

                  この北斗の苦境を救ったのが、上から美咲様。
                  自分の会社が広告料を出しているのをいいことに、記事を差し止め、元彼にまんまと恩を売ったのでした。見返りは何かしら?←悪いけど、最初から全然信用してないw

                  万事うまくいって、無事お披露目が決まり、急きょ千和を呼び出す北斗、でようやく M醜陲虜能蕕ラストだったとは…。

                  この予告詐欺めっ! いいぞもっとやれw

                  しかーし!ラスト、いいところで流れる「鱗」をぶった切って会場の上から見つめているのは、元彼の情報を編集部に売る美咲様でした。


                  ったく御曹司は女に甘いんだからっ!
                  | − 「はぴまり〜Happy Marriage!?〜」 | 19:44 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
                  御曹司は心配性
                  0
                    先週『はぴまり』第三話を観た後、原作コミックを三巻までネットで無料で読んじゃいました(6/30まで)。
                    原作のイメージからすると、千和はともかく北斗役はおディーンじゃないねぇ。じゃあ誰?って言われるとよく分かんないけど、見た目重視で行くならもっとキツい雰囲気のイケメンじゃないと。ああ、だから「いつもより太めに」眉増量なのかな?(笑)
                    あと、原作だとコメディパートは夫婦両方が担当している感じだけど、ドラマは今のとこ千和にお任せって感じ。その分、北斗には原作よりも重いものを背負わせているような気がします(って全巻読んだわけじゃないから知らんけどw)。

                    で、その「重いもの」の一端を担ってるのが、北斗のお父さまなんだけど。あれだけ見舞いになんかいかねーよっ!だったくせに、四話でご対面シーンktkr↓



                    あれ?確か、加野炭鉱で同じ場面にいたような気が…↓

                    まぁ確かに、会ってはいないけど。

                    北斗は、この親分お父さまと一族から会社の実権を奪った上で、それ全部ぶっ潰すのが人生の目的なんですね。
                    ぶっ潰した後はどうすんだ…?あ、そうか。元々コンサル会社の社長だったっけ(←原作と違う点)。

                    ところで、先週の予告でとうとう「脱・寸止め」かと思いきや…

                    やっぱり何もなかったという予告詐欺(笑)。
                    せっかくのネット配信なんだからきわどいとこまでやらんかいっ!千和じゃなくてもALL視聴者が「はあ?バカにしてんの?」とツッコんだその約10分後…

                    「鱗」が流れる中、ようやく来たぜ!…と思ったらいきなり濃厚。さすがネット配信。この先はキャプるの自粛!(笑)
                    だって


                    でも、わたし的にハマったのは、このシーンに至る前。
                    復讐に燃える北斗の氷の仮面を溶かすような千和からのキスで、それが本当に温かい笑顔で、おお!まるで『美女と野獣』か『オペラ座の怪人』ちっくなキスだーと萌えたのでした。


                    さて、今週の(きっと誰とも分かち合えない)ワタクシ的ツボシーンは、最上…じゃなくて八神君の存在を紀香姐さんから聞かされて、軽く嫉妬してるシーン↓

                    珍しく動揺してるのがかわええ…。

                    そして、足を挫いた千和を送ってくれた八神君との全面対決には…

                    わざわざ手を引いてまで丁重に(?)お見送りをする北斗であった(笑)←四話最大の笑いどころw

                    ところで、「キッシュとロールキャベツを差し入れし、家電アドバイザーの資格を持ってる」八神君て学生アルバイトだよね?彼、正社員並みに働いてる気がするんだが、いつ大学行ってるの?
                    ていうか「将来はIT関係の起業を目指している」って何その北斗の中の人っぷり(笑)。そういえば北斗は高校卒業後アメリカに留学してるし、なんかいろいろ混じってるww

                    珍しいと言えば、本編初の非スーツ姿初披露。Tシャツ姿もいいけど、なんつってもこれだ、パーカー姿だ!↓

                    そうか!千和の帰りを待ちながらお母さん事故死の回想を入れてるのって、支配欲とか独占欲だけじゃなくて、お母さんの二の舞になるんじゃないかって、千和を案じてるんだ!(←今更)
                    早く伝えてあげればいいのに、かわえ(ry

                    ちなみに映画『シャンティ・デイズ』でもパーカーが異常によく似合うんだよ…↓

                    こういうフツーの役が観たいなぁ…。

                    そして、八神君に送ってもらった千和を(嫉妬混じりで)出迎える北斗様に…

                    めっちゃ主任み(@ダメ恋)を感じたのはわたしだけではあるまいw

                    『ダメ恋』Blu-ray&DVD絶賛発売中!
                    | − 「はぴまり〜Happy Marriage!?〜」 | 22:16 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
                    父の名は
                    0
                      TLで回ってきたので、『喧騒の街、静かな海』のプレマップ、観ちゃいました(←関東では3日に放送予定)。
                      何やらお父さん役の寺尾聰氏と険悪モードだったのはあらすじから分かるんですが、胸押さえて倒れこんでるのはどういう背景なんです?←気になって気になって仕事にならないw
                      もしかしてそのための役作りで痩せたんですかね?だって『シャンティ・デイズ』でもカメラマン役だったけど、あそこまで痩せてなかったし。
                      いろいろ気になる放送は来月18日、タイトルに「海」が入ってるだけに「海の日」です(え)。


                      で、『はぴまり』三話。
                      こっちも父親とワケありな、ていうか実の母を実の父が殺したと思ってるとか、なんという物騒な親子関係…。

                      ↑北斗のお父様
                      なんとっ!『あさが来た』的に言うと、加野炭鉱の親分が五代様のお父上ですよ!(歓喜)
                      うん、寺尾氏と親子と言われるよりは、まだこっちの方が分かるような気がする…。
                      それにしても、北斗の子役、よくおディーンに雰囲気似た子を見つけて来たよねー。

                      ↑って『精霊の守り人』のチャグムじゃん

                      それに比べて、これ↓が

                      どうしてこうなった↓(笑)

                      @笑うハナに恋来たる

                      スーパー「家事シェルジュ」紀香姐さん(御年55歳の秘書)とか


                      上からマリコ様(元カノの社長)とか

                      見た目的にはこっちの方がお似合いな感じがするのは気のせいかしら(千和役の清野さんも可愛いんだけどさ)。ま、その「ぎこちない夫婦」感が狙いっちゃ狙いよね。
                      なんだかんだ言いつつも北斗のことが気になっちゃって、秘書にも元カノにも嫉妬しちゃう千和と、いまだ何の興味関心もなさそうな北斗の温度差が感じられた三話でした。

                      では今週のドツボシーン

                      糖尿病とか東京での療養とかいろいろ思い出すので、お願いですからソファ寝はやめてー!←混ぜるな

                      千和:パンの方がよかった?

                      視聴者:いや、和食でいい!その人、グルテンアレルギーだからー!←だから混ぜるなw

                      北斗:今日からあなた方ひとりひとりと私との真剣勝負だと思ってください

                      頭の固い大阪商人との戦いですね、五代様!(違)


                      ところで先週毎日のように一話と二話を何度となくリピート再生してたんですが(ヒマ)、「俺と結婚したらそっちに利益のあることばかりだろ。この俺様がお前ごときに結婚をお願いする道理がない」(大意)と言い放つ一話の北斗になんか既視感があると思ったら、この方でしたよ…↓

                      二度目のプロポーズでようやく頭を下げるとこまで、まんまMr.ダーシーじゃないのさ。
                      でも『高慢と偏見』は結婚するまでのお話ですが、『はぴまり』は結婚してからの方がモンダイ山積み。むしろそこからがメインなのね。
                      そして第四話では、とうとう「寸止め」卒業と相成るのか?ガンバレ、北斗!←ゲスな見方…
                      | − 「はぴまり〜Happy Marriage!?〜」 | 23:39 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
                      • 1/2PAGES
                      • >>