Toi Toi Toi!
先ほど寝たばかりですが、Guten Morgen!
さして話題になってない「コンフェデレーションカップ」決勝戦が始まりました。録画して観ようと思ったけど、暑くて目が覚めたらちょうど3時だったわ。
決勝は、1次リーグで引き分けたチリとドイツが再び大舞台でぶつかります!
リーグ戦観てても思ったんだけど、ドイツ代表が知らない選手ばっかりで驚いた(平均年齢24歳)。


ムスタフィとキミッヒ、カピテン・ドラクスラーくらいだよ。いや、あと監督ね。


A代表を温存して、ほぼ2軍でコンフェデ杯に臨んだんだって?それじゃ最初から捨ててるのか?と思ったら決勝戦にいるあたり、さすがドイツ。侮れない。

序盤は、圧倒的チリの猛攻。ドイツが押され気味。
前半20分、ヴェルナーからのパスを受け、シュティンドルがゴーーーーール!

↑ゴール前ガラガラ…チリの明らかなミス。

後半は、双方にイエロー出るわ、VTR判定で審判が忙しいわ、ヒートアップして一触即発になるわ、しまいにゃ、ヨギまでピッチに入るわ、荒れたなぁ。


つーか、チリのエルボーはイエローじゃなくてレッドだったと思うんだけどな!
ドイツにとって、ここロシアはアウェイかっつーくらい、チリのサポーター大杉。
欲を言えばあと1点欲しかったけど、ドイツのGK、テア=シュテーゲンが好セーブ連発でよくぞ前半の虎の子の1点を守ってくれた!




得点王:ヴェルナー
MVP:ドラクスラー

ラムたんもクローゼもポルディもシュヴァイニも引退しちゃってどうなるかと思ったけど、U-21でも優勝したし、2郡でコンフェデ杯を制したし。
来年のW杯も楽しみだー!viel Spaß!

それでは、Gute Nacht!
スポーツ観戦記 | 04:45 | comments(0) | - | - | - |
どすこい!
生まれて初めて国技館でナマの大相撲を観ることになりました。しかも枡席だっ!
事の次第は、今年年明けから三月末まで行ってたハケン先に、今まであった中で最強の相撲ファンに、(升席の数合わせで)お誘いを受けたから。大阪場所に日帰りで行っちゃうわ、キセノンの祝賀パレードに行っちゃうわ、あの行動力はわたしにはないわー。
メンバーは、彼女と元上司と本日初めて会った他部署の人…って、わたしなんかがお邪魔しちゃってもいいんですか?(笑)

ウチから国技館のある両国までは大体90〜100分てとこですかねぇ。いつも出かける東京エリアよりはやっぱ遠いわ。
東京江戸博物館には何度か行ったことあるし、実は国技館も大相撲興行中じゃない時にこっそり入ったことはあるんだな。なので、全く知らないところではないんだけど…けど…やっぱ、のぼりが立ってたり、入り待ちのお客さんを見かけたりすると、燃えますな(笑)。




おお、「相撲節会(すまいのせちえ)」!清盛様ー!信西入道様ー!

ちなみに本場所の時間割はこんな感じ↓
8:00  開場
8:30〜 取組開始
14:20〜 十両土俵入り
15:45〜 幕内土俵入り
15:50〜 横綱土俵入り
16:15〜 幕内取組
18:00〜 弓取式

12時半過ぎに席に着いたら誰もいなくて、ど、どうすべ?と焦ったところに元上司が探しに来てくださって、無事合流した後、我々が向かったのは…「相撲部屋特製ちゃんこ」食堂だっ!
京野は佐渡ケ嶽部屋の塩ちゃんこ〜!(親方は元琴の若←べっぴんだったね)

暑い中食べるアツアツのちゃんこも乙ですな(←半分やけくそw)

席に戻る前に別行動で、館内をぐるっと探索してみました。
昔、寺尾関(現錣山親方)が好きだった時期を除けば、特定の力士のファンだったことはないので、いろんなグッズがあってもそれほど惹かれはしませんが、とりあえず、次いつ来れるか分かんないので買ったぞ↓


二階席から見ると全体像がよく分かります↓



テレビで見るより土俵が小さく見えるのが意外だわ。

ところで、今回のお席は、いろいろ取りまとめてくださった上記キセノンファンが頑張って桝席Bなんだけど、これが狭いこと!
ワタクシ、すれ違う大半の序の口力士より背が高いんで、なんど脚を三分割くらいに折り曲げたいと思ったことか。幕内のころには胡坐かいてたけどさぁ。
双眼鏡でのぞくと土俵を超えた真ん前に日本髪の着物姿のお客さんがいて、よくびしっときれいな姿勢で弁当食えるなぁと見とれてしまった。
そうそう、時折力士の下敷きになりそうなお席にジャガー横田の旦那さんがおられましたわ。


すべての取り組みを見なきゃ気が済まないという人は別として、フツーは合間合間に席を立つんですが、取組前の土俵入りはマストチェックでしょう。

↑キン肉マンだー!(千代大龍関です)

お目当ての稀勢の里のラオウの化粧まわしは、何日か前からやめちゃったんだってよ。まぁ、どっちにしても綱で見えないんだけど。
その代わりと言っちゃなんですが、懸賞の「北斗の拳」をご覧ください。


キセノンの土俵入り


土俵下へ倒れこんだり、投げられて空中に一瞬浮いたり、土俵際をくるくる回って行司がダッシュで逃げたりするのをナマで観るのは、テレビ観戦よりずっと迫力があります。特に今日は、行司差し違えも審判部の物言いもなく、一戦一戦がスピーディ。
テレビで観てると、取組と取組の間に解説やらスロー再生やらが入って、そこがなんか間延びしてしまうんだけど、実際に館内にいると、テレビだとあまり聞こえない懸賞の読み上げや(「Yes!高須クリニック」が三回、生真面目な声で言われると何とも言えないおかしみがww)、観客の怒号に近い声援が聞こえます。
力士の名前の呼び掛けるのは、歌舞伎でいう大向うみたいな感じなんだけど、野球観戦のオヤジっぽい人もいたなぁ。みんな、飲食自由だから酔っぱらってたのかも(笑)。
逆に、呼出しとか行司の声は、そういう歓声にかき消されました。取組表見てないとさっぱりわからん。
結びの一番がキセノンだったんだけど、なんかもう館内一体となって、キセノンを応援してて、ちょっと対戦相手の碧山がちょっとかわいそうだった。


高安関への期待値もすごかった。いい勝ちっぷりだったけど。
あと、白鳳‐琴奨菊の時もあからさまに琴奨菊贔屓だったなぁ。
ちなみに出てきただけで盛り上がるのは遠藤関でした。

弓取り式まできっちり見届けて、外へ出ると、駅へ向かう人の群れがちっとも動かない!
両国駅から国技館へまで徒歩二分のはずが、15分かかりました。
それにしてもその気になれば一日中いられる国技館は、テーマパークとしても第一級。もちろん、相撲が白熱してることが第一なんだけど、なんていうのかな、歌舞伎座の雰囲気に似てて、飲み食いしたり、お土産買ったりを一日かけて楽しめるのが、野球やサッカー観戦とは違って、ちょっと芝居見物に近いイメージ。
一時期、大相撲人気が停滞してた頃から思うと、よくぞ立ち直ったなぁと感心します。

楽しかったけど、やっぱり、脚と臀部が痛いわ…。

スポーツ観戦記 | 23:45 | comments(2) | - | - | - |
ラーム、バイヤン辞めるってよ


ああっ、ちびっこカピテンが〜…orz

バイエルンDFラーム、現役引退を表明「今季までは続けるが、それ以上はない」

代表辞める時もあっさりだったけど、まだまだやれそうなのに…ってとこでバイエルンも辞めちゃうのか〜。

ポドルスキと一緒に、You日本に来ちゃいなYO!
スポーツ観戦記 | 22:36 | comments(0) | - | - | - |
敗戦ショック
朝起きてすぐにネットチェーック!!
開催国フランス、世界王者ドイツを退けて決勝へ グリーズマン2発で快勝

orzorzorzorzorzorzorzorzorz

あうあう…まさかの完封負け。イタリアに勝てたのに何故にフランスに…←完全アウェイだからさ
もー決勝に進むもんだと確信してたのに〜!!!
ヨウコさんなんか、表彰式まで見届ける覚悟でフレックス申請したとかいうのに〜(←もはや優勝すら信じて疑ってないレベル)。
やっぱり前カピテン、ラムたんの抜けた穴は大きかったかー。
いや、今回ミュラーとゲッツェが不発だったのも大きいな。
あと、なんかエジル見てるとド突きたくなるのはわたしだけ?いいところで全然機能してないように見えるんだもん。
ドラクスラーとかキミッヒとかいい若手が育ってきてはいるんだけど、やはり世代交替が上手くいってないのかねぇ…。
ところで、ヨギの進退は如何に!こっちもそろそろ交替か?


つーかさ!この「事実上の決勝戦」(←そればっか)を放映しないテレ朝はアタマおかしいんじゃないの?
前回W杯の覇者と地元の一戦だよ?
ウェールズとポルトガルを放映するくらいなら、なぜこっちもやらない?

次回大会は以前のようにTBSでお願いします…<(_ _)>
スポーツ観戦記 | 20:20 | comments(4) | - | - | - |
死闘120分+
朝4時起床でドイツ-イタリア戦を居間のTVで観戦。


親が不在且つ日曜でよかった〜(いや、当分毎日が日曜日なんだけどもw)
スペイン相手というのもいつぞやのEURO決勝戦での敗戦を思い出してイヤだったけど、イタリアもなー。これも南アだっけ?EUROで負けた苦い思ひ出が…。
とにもかくにも「事実上の決勝戦」と言われるだけあって、久しぶりにノイアー神がよく映る試合を観た気がする…。
そして決してドイツが劣ってるわけではないのに、むしろボール支配率はドイツの方が上なのに、アズーリに押されてるようなイヤ〜な感じが…。
そんなわけで、せっかくエジルが決めてくれたのに、ボアテングのハンドからPK→ノイアー神の鉄壁の守りが崩れ、同点のまま延長戦へ!
あーなんかこんな風に両親が旅行中でいないので、早朝から居間で観ながら全然点が取れないドイツの応援してたのは二年前のW杯決勝か〜。
で、結局延長も無得点で、恐怖のPK戦へ…(←既に胃が痛い…)。

ワタクシ、PK戦で9人も出てくる試合、初めて観た気がいたします…。
なんか…イタリアのブッフォン、神がかってたよね…。悉くドイツのシュート、読まれてた気がする。
もうサドンデスでGKも蹴る準備するのか?って思い始めたところで、ようやくドイツのPK勝ちが決まりました。


めっちゃ疲れた…。

気が抜けて、1時間くらい意識を失うほどに寝てました(笑)。
スポーツ観戦記 | 11:23 | comments(0) | - | - | - |
地上「波」の星
帰国してからようやくEUROのドイツ戦を観ることができました。
ありがとう、テレ朝。でもね、ドイツはW杯優勝国かつEURO優勝候補最右翼なの。予選からバシバシ放送してくれても全然かまわないのよ?

つーかベスト16の組み合わせ、おかしくね?

右側が「死の組」なんですけどー!
珍しくアイルランド(共和国の方)がここまで勝ち上がってましたが、大方の予想通りフランスが勝ちやがりました。思えば「因縁の対決」でもあったんだなぁ…→ここら辺参照

さて、↑の試合は中継してくれないので、Twitterで拾いながら把握。日付変わって1時からいよいよドイツ-スロバキア戦。

全然負ける気がしねえっ!

前半8分

ボアテングのシュートが、ゴール手前のスロバキアの選手の足先をかすってまず1点!(逆に言えば、余計なディフェンスしなければGKが取ってたかもという…)

ここからしばらくはゴールシーンはなし。が!ボール支配率はドイツが圧倒的で、ドイツの守護神ノイアーがたいそうヒマそうです←こういう時のGKの様子をサブ画面で見たくなるのはわたしだけ?

前半終了間際の43分

ドラクスラーからのパスを受けて、マリオはマリオでも林家三平ゲッツェじゃなくて、ゴメスの方がシュート!

これにはヨギも大喜び♪

↑服は今年もHugo Bossよ

2点入ったらもう寝ようかなと思ったんだけど、思いがけず解説の松木安太郎と岡ちゃんの居酒屋対談が面白かったので、ズルズル観てたら後半63分

クロースのコーナー→フンメルスのヘッド→ドラクスラーのシュート

何気にこの試合、ドラクスラー大活躍じゃね?
覚えてますかね?前回のW杯でブラジル戦で大量虐殺をやってる終わり頃、相手のプライドを完膚なきまでにくじくような投入のされかたでピッチに入ってきた彼を…。
二年ですっかり活躍してんじゃーん。
ドイツはこの後、カピテン、シュヴァインシュタイガーやら「ルールールールーカス・ポドルスキ♪」やらを投入してくる余裕で勝利。
というわけで次はイタリア科スペインなわけだが…。

どっちもイヤだな〜。負けるイメージがすっかり定着してるわたしのEURO脳であった。
スポーツ観戦記 | 04:49 | comments(2) | - | - | - |
ドイツで観るアイルランド戦
マルセイユでイングランドとロシアのサポーターが衝突し、死傷者を出した事件を受け、報道番組はトップニュースで伝えてました。
フランス、怖〜…って、フランス人関係ないのにフランスまで行かなくてよかったと思うワタクシ。
一方、陽気なグリーンの集団は…

君ら、世界中どこに行っても楽しそうだな…。
試合前のニュースではスウェーデンサポと肩を組みながら「暴動?俺らはそんなことしないぜ。仲良しだからな!」
ことサッカーの応援に関しては、アイルランドサポは世界一と言っても過言ではないでしょう。

で、サポじゃなくて、Boys in Green(=アイルランドナショナルチームの愛称)はどうかと言うと…

↑国歌(「兵士の歌」)斉唱中




↑まずは先制点

だが、スウェーデンが同点に追いつく。


日韓ワールドカップでアイルランド大躍進の立役者だったロビー・キーン投入


↑強豪スウェーデン相手に1-1の善戦でした。

最後まであきらめないBoys。良いプレーには敵にも味方にも熱狂的な応援を送るサポーター。
ほんとに観てて心が潤う良い試合でした。
スポーツ観戦記 | 21:35 | comments(0) | - | - | - |
ドイツで観るドイツ戦
わたしが今回の旅行をこの日程にしたのには当然ながら理由があって、まず
EURO2016開催期間中であり
日本の地上波でどう考えても放送されないであろう予選リーグ期間中であり
ドイツ戦がドイツで観られる日を含む
ことを吟味した上でこうなった次第(もちろん、10日出発が一番安かったという理由もあるw)。

ドイツの解説凄いぞ!2002日韓ワールドカップで一躍有名になった(後、不倫→離婚とかスキャンダルもあった)かつての守護神、オリヴァー・カーン(様)だ!

オランダで開幕戦を観てたんだけど、フツーにドイツの放送が映ってたんです。あ、ちなみにオランダは予選敗退。W杯で3位だったのにねぇ…。


そんなわけで、ウクライナ戦
まぁ、どちらのイケメンさん?

↑監督です

カピテン・シュヴァインシュタイガーがベンチなので、臨時カピテンのGK、ノイアー

↑W杯までは彼の隣りにちびっこカピテンのラムたん(フィリップ・ラーム)がいたのに…(涙)

前半19分、クロース→ムスタフィのシュートで1点!


この後、点を取りあぐねるドイツですが、大丈夫だ我々にはノイアー神がおられる!(笑)
さらにボアテングのナイスセービングもありーので、後半アディショナルタイムにカピテン、シュヴァインシュタイガーIN!
…と思ったらその直後!

さすが、カピテン!
つーか、ヨギの采配、すごくね?
替えた途端にその選手が点を取る…あ、前回W杯の決勝戦じゃん!

-おまけ-
ノイアー神の美筋肉


試合後の勝利監督インタビュー

↑何言ってるのかはさっぱり分からないけど、日本にいたら絶対観られないであろう放送をナマで観てられる幸せ…。
スポーツ観戦記 | 23:27 | comments(0) | - | - | - |
もう、終わりだね
日本シリーズ:先発崩れ、打線沈黙 ヤクルト完敗
いやー情けない。
負けてもいいのよ?それが七戦までもつれた結果のちょっとの差とか、せめて神宮三勝した後の敵地での敗北とかなら。
本拠地で二敗した挙句、優勝決めさせちゃうとかね、屈辱以外の何ものでもないわ!(しかも興行的にも五戦で終わっちゃって収入少ないし)。
半分までしか持たない投手陣もアレだけど、粘って粘った挙句決定打の出ない打線もな〜。頑張ったの、三連続本塁打の山田哲人だけじゃん!

ヤクルトは日シリに出れば優勝するチームだったのに、残念です…。ま、ツバメがタカに勝てるわけないかー。
来季、必ずリベンジするように!


↑応援グッズ
スポーツ観戦記 | 23:23 | comments(0) | - | - | - |
CS制覇!
祝・「ヤクルト14年ぶり7度目の日本S進出!
セ・リーグ覇者のヤクルトは17日、レギュラーシーズン2位の巨人を3―2で下し、リーグ優勝のアドバンテージの1勝を含み4勝1敗として14年ぶり7度目の日本シリーズ進出を決めた。ヤクルトは初戦を落としたが、その後3連勝と、セ・リーグ覇者の意地を見せた。

初戦で負けたときは、まさかの「リーグ優勝を逃した巨人に日シリ進出をかっさわれるの図ぅ」が目の前に浮かびましたが、その後順調に勝ち星を重ね、ソフバンと日シリで戦うことが決まりました!
ここまで来たら、狙うはもちろん日シリ優勝!
スポーツ観戦記 | 21:30 | comments(0) | - | - | - |