I will kiss you mouth, Jokanaan

  • 2017.04.24 Monday
  • 21:00
サロメ:あたしはお前の口に口づけをするよ、ヨカナーン。
(オスカー・ワイルド『サロメ』)

院生の時、オスカー・ワイルドの『サロメ』を講義で取っていたのですが、「原文はフランス語だからフランス語で読もう」とか言い出した教授が、ワタクシの修論の主査だった思い出。
さて、『サロメ』と言えば、まずヴィジュアルとして思い浮かべるのは、著者のオスカー・ワイルドではなく、オーブリー・ビアズリーのこのサロメ↓

夭折した若き天才ビアズリーと、その姉の秘話を描いた小説、『サロメ』読了。

著者:原田マハ    出版社:文藝春秋社
定価:¥1,400(+税)  発売:2017年1月
入手経路:地元図書館にて貸出し

へー、ビアズリーの姉が女優だったとは知らなんだ(というか、姉がいたことすら初耳だ)。
なんか…ちょっと、あまりにも密接な姉と弟の関係性に息苦しさすら覚えるし、いくらフィクションでもそこまで突っ込んでいいんかい?って思ってWikipedia見てたら、
1894年、挿絵入り文芸誌『イエロー・ブック』創刊。同誌の美術担当編集主任となる。このころ経済的に余裕ができたため、ピムリコ地区ケンブリッジ通り114番地に家を購入し、姉メイベルと同居。近親相姦説もささやかれた。
おお…事実がもとになった創作だったのね…。
ワイルドと“ボージー”ダグラス卿との関係は有名ですが、そこに割り込む形でビアズリーの存在があったとしても不思議ではない。
なにしろ、ビアズリーが『サロメ』の「英訳者になることを望んでいたが叶わなかった」一方で、英訳したのはダグラス卿という事実があるのだから。
そしてその三角関係のすぐ近くで、ワイルドに嫉妬し、ダグラス卿と共犯者になり、弟を奪い返す姉メイベルが暗躍していた…という小説です。
まぁ、一言で言って、お姉ちゃん、やりすぎ…(^^ゞ
(小説の話だけど)、弟のために歴史を変えちゃったよ。
天才のそばで生きる平凡な姉、という傍から見たら辛そうな人生なんだけど、当のメイベルはその弟が自分よりワイルドに惹かれていくのが許せないっていうんだから、怖いよう。

日本の小説なんだけど、世紀末のロンドンの隠微な雰囲気が立ち込める、英国チックな小説でなので、好きな人は好きだろうなぁ。

ちなみに、上記の教授は講義の後で、こんな芝居↓に連れってくれたのだった。

濃いわ〜(笑)

FYI:原田マハさんが『サロメ』をテーマに描くミステリ

さらば、円歌師匠

  • 2017.04.23 Sunday
  • 22:23
三遊亭円歌さん死去=元落語協会会長「山のあな、あな」、88歳
「授業中」などの新作落語で人気を集めた落語協会最高顧問の三遊亭円歌(さんゆうてい・えんか、本名中沢円法=なかざわ・えんぽう)さんが23日午後1時25分、結腸がんによる腸閉塞(へいそく)のため死去した。88歳だった。東京都出身。葬儀は27日午前10時30分から東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で。喪主は妻中沢令子(なかざわ・れいこ)さん。葬儀委員長は落語協会の柳亭市馬会長。

 岩倉鉄道学校(現・岩倉高校)卒。旧国鉄で駅員として勤務し、戦後間もなく二代目円歌に入門した。
 1948年二ツ目に昇進し、歌奴を名乗って高座に。駅員時代のエピソードを交えた出し物で売り出した。自作の新作落語「浪曲社長」などで人気を博し、有名なドイツ詩人の詩の一節「山のあなたの空遠く…」をネタにした「授業中」のフレーズ「山のあな、あな…」は流行語になった。
 58年真打ちに昇進し、70年三代目円歌襲名。自伝的な落語「中沢家の人々」で高齢化社会を風刺し、85年には日蓮宗本法寺で得度、てい髪して話題をまいた。
 96年から2006年まで落語協会会長を務めた。(2017/04/24-18:47)

米團治襲名披露公演や米朝一門会なんかに、一件全然関係なさそうな円歌師匠がちょいちょいいらしてたんですが、米朝師匠一周忌あたりの一門会だったかなぁ。円師匠自らカミングアウト!
何と円歌師匠は米朝夫人を口説いたことがあって、一時期、若旦那は円歌師匠の子どもでは?なんて疑惑があったとかなかったとか。
ま、若旦那は若かりし頃の米朝師匠にクリソツなんでそれはないでしょうけど。



ご冥福をお祈りします。

(KQに)ゆれて湘南

  • 2017.04.22 Saturday
  • 21:30

↑今の若い子は知らんだろうが、ヤックンの奥さんだよ

JRで逗子に行くか、京急で新逗子へ行くか悩みましたが、乗車賃を調べて迷いなく京急で、ギリ湘南エリアの逗子にきました。
相変わらず工事中(〜9月)のため使えない鎌倉芸術館の代わりに、今年も「鎌倉はなし会」主催の「米團治独演会」が逗子文化プラザで開催されるからです。

早く大船に戻りたーい!
せっかくキモノで行こうと思ったのに、朝からどんより今にも降りそうだったのであきらめました。ちっ!
本日の番組

2017.4.22
「みかんや」:桂 慶治朗
「稽古屋」:桂 米團治
「壺算」:桂 歌之助
「京の茶漬」:桂 米團治
-中入-
「たちぎれ線香」:桂 米團治

この会はいっつも開演前に席亭からご挨拶があるのですが、その前からずっと鳴り響いてた太鼓が若旦那によるものだと教えて下さってありがとうございます!
つか、そういう客入りの時の鳴り物って前座のお仕事では?なんかすっごくレアな場に居合わせてラッキー♪

もうすっかりいっぱしの上方落語ファンとして、たいていの前座ネタは聴いたことあるもんだと思ってたのに、今日の慶治朗くんの「みかんや」って初めて聴きました。
ちょいちょい噛んでたけど、全体としてはテンポも間合いも滑舌もよく、若旦那の末っ子弟子の成長っぷりにお母さん、嬉しいわ←誰がやねん
それより、そろそろアー写を変えましょう。それこそ、誰やねん状態でっせ(笑)

今日の若旦那の最初のお召し物は、濃い目の紫の羽織に薄紫のお着物。
「鎌倉はなし会で上方の噺家の独演会が開けるのも、ひとえに父、米朝のおかげでございます」と笑いを取る、七光り利用しまくりの若旦那(笑)。
この開き直りっぷりと、マクラでも披露するええかっこしぃっぷりが若旦那の若旦那たる所以。
でも自分で「ええかっこしぃですねん」って自覚した上でサラッと言えちゃう辺り、育ちの良さが垣間見えると思うの。ほんとにゲスいええかっこしぃは、自分で認めないよね。
「稽古屋」は落語会でもCDでも何度も聴いてるのですが、やはりお師匠さんの踊りの所作が美しい(お母様の御指導の賜物か)。
というわけで、聴くより観る方を強くお勧めする次第であります。

若旦那の独演会ではちょいちょいお目にかかってる歌之助さんは、「オレオレ詐欺」のマクラから「この噺は詐欺の話なんですが、それを分かった上でお聴きください。そうじゃないと最後まで何が面白いのか分かりません」と、「壺算」。
あー確かに。冷静に考えればムチャクチャな話なのに、途中であれ?とナットクしちゃうんだよね。
15分の噺のために、往復8時間、お疲れ様でした(笑)。

中入り前、若旦那は薄紫の羽織に黒のお着物で、あっさり短めの「京の茶漬け」。
「上がってぶぶ漬けでも」と言われたら、空気読んで帰りましょうねというお約束を、「是非とも食べてみたい」と言うことで、わざわざ昼時にお邪魔した大坂の男の噺。
なので、マクラはいつもの「尼崎は兵庫でも大阪でもない」から始まって、「京都と大阪、こんだけ違う」からの「イントネーションの違い講座」。
ここだけ聞くと「はてなの茶碗」かなーと思ったんだけど、落語が三席続いた後だからねぇ。しょーもないサゲの「京の茶漬け」がぴったりだな、と。

最後は、唯一ネタが分かってた「たちぎれ線香」。
「わしは生涯、女房と名のつくもんはもたへん」と死んだ小糸に誓う若旦那。やり手の番頭とこの後、どんなやり取りがあるのか、後日談があれば聞いてみたいもんですわぁ。

さて、次回のワタクシが行ける若旦那の落語会は、夏のブロッサムでの独演会です。
浴衣着て行くぞー!

19 Years After

  • 2017.04.20 Thursday
  • 21:10
だそうですよ…。
わたしが次にロンドンへ行く日まで上演してくれてるかしら。
ちなみに来年春からはブロードウェイでも開幕予定。

そんなこんなで、その舞台の脚本(小説ではない)を読了。
ハリー・ポッターと呪いの子

著者:ジャック・ソーン(脚本)、J・K・ローリング/ジャック・ソーン/ジョン・ティファニー(構想)
訳者:松岡 佑子  日本語版発売:2016年11月11日
出版社:静山社   定価:¥1,800+税
入手経路:地元図書館にて貸出

昔は、いろいろ問題になってる日本語訳でなんか読むもんかい!と意地になって途中から英語で読んでたけど、いまさらペーパーバックを買うほど『ハリポタ』に興味があるわけでもなく…(^^ゞ
生きてるだけで英雄だったハリー・ポッターの性格があまりよろしくないことは、まぁ分かってたことですが、なんというか、もうちょっと次男に対して親身になってやらんかーい!と突っ込みどころが多々ある父親になってて、ショックかもー。
ていうか、同じ兄弟なのに兄ちゃんとの差はどこから来てるんだ?名前のせいなのか?(兄はハリー父+シリウス・ブラックから、弟はダンブルドア+スネイプから)
それに比べたら、徹頭徹尾、(血統主義故に)己の息子を信じてるマルフォイのほうが父親としては上だと思うの(しかも、予想外に愛妻家←奥さん、死んじゃったけど)。
ハーマイオニーとロンの夫婦は、ま、こうなるだろうなぁという安定のかかあ天下でワロタ。
あーでも一番びっくりしたのは、ヴォルデモートとベラトリックス・ストレンジとの間に娘がいたって設定だわ。ファントムとクリスティーヌの息子をラウルの子として育ててる『ラブ・ネバー・ダイ』並みのトンデモ具合。

ストーリーの全体のカギとして、「逆転時計」を使って歴史を修正する、というのがあって、セドリックや嘆きのマートル、ドロレス・アンブリッジやらがわらわらと出てきて、シリーズ読んでたらそらもう懐かしいのなんのって。
つまり、昔を懐かしみつつ、新しい世代の誤解と葛藤に「違う、そうじゃない」とハラハラすることができる子さん読者大歓迎、ご新規さまお断りの世界であった(笑)。
原作シリーズ最終巻を読んで、「で、その後はどうなったの?」と知りたがる読者へのよくできたアンサープレイだと思います。

ポケットティッシュほいほい

  • 2017.04.19 Wednesday
  • 20:20
昨日昼休みに、会社の近くを散歩してたら、ポケットティッシュを配ってるお兄さんに遭遇。
近くのレストランのチラシが入ってて、裏がコーヒー無料券だったのでこれは行かねばと思い、今日のランチは時差にて出発!

ソニーとコクヨの間にあるWビル2Fにある「TULIPANO」。
どんなイタリアンかと思ったら、社食や学食のようなカフェテリアに毛の生えたようなお店だった…。あ、でも¥550で定食が食べられるのは、品川近辺ではお得かも。
しかーし!パスタが食べたかったわたしは、¥680のミートソーススパゲティ(と+¥100でサラダとスープ)にしたんだが…↓

えっと…パスタが固まってて全然ミートソースと絡まってくれないんですが。こんなにほぐれないパスタ、初めてです。もうどうしていいか分からず、くんずほぐれつで格闘してました。コノヤロコノヤロッ!
こんなんだったら、近くのPRONTOで¥590の「コクうまミートソース」にした方がよかったよう。

次行く時は、パスタ以外のメニューにしようと思います←結局行くんかーい!

品川の馴染みの出口

  • 2017.04.18 Tuesday
  • 20:30
夢の高等遊民生活よ、さようなら。今日から、半月ぶりに社会復帰…という朝に、暴風雨だよ←何も言えねぇ
半月前に別れを告げた品川駅に、恥ずかしながら戻ってまいりました!

↑でも出口は逆方面

本来は20日からなのに前倒しで来た上に、進捗状況によっては延長もお願いねというフレキシブルなこの派遣先は、かつて汐留にやっぱり短期で行ってた会社の子会社であった(笑)。
席はフリーアドレスだわ、昼休みはキリのいいところで取っていいよだわ、久しぶりにゆる〜い外資に戻ってきたなぁといった感じ。

ところで、ユルイのは派遣先だけじゃなくて、派遣元も同じでさぁ。
一人で受付まで行って、担当者を呼び出してくださいっていうから、ちゃんと時間通りにタッチパネルを操作したら!

_人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
> 該当者が存在しません <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

もうウチに帰っちゃおうかなぁ…ヾ(´A`)ノ゚。ゥワァーン

でもダテにどぐされハケンの場数踏んでないので、さっさと派遣会社に「何とかしろや、ゴルァ!」と電話したんですが(そして、営業から派遣先に連絡してくれて、社員に迎えに来てもらったのですが)。
この時、同じ受付のロビーには、いかにも今日から就業の派遣スタッフと、派遣会社の営業がいたのを、わたしも視界の端でとらえてて、いいなぁ、営業のアテンド付かよ、どこの派遣会社だよ、それに比べてテ○プはよう!と内心毒づいてました。
そしたらなんと、派遣スタッフを社員に引き渡した他社営業がこっちにやってきて、速攻で名刺を渡しながら「お困りでしたらお電話しましょうか」と申し出てくださるではありませんかっ!

ねぇ、ちょっとこの神対応…営業の鏡じゃね?
ハケンのみんな!お世話になるなら、リク○ート○タッ○ィングにしようねっ!←すっかり洗脳されてるw

あ、テ○プはもうタヒんでいいよ。

アラベスク

  • 2017.04.17 Monday
  • 14:55


いつまでたってもピアノ初心者のわたしにとっては「アラベスク」と言えば、こっち↓だが(笑)


第8回「このミステリーがすごい」大賞受賞作、『さよならドビュッシー』読了。

著者:中山 七里  出版社:宝島社
発売:2010年1月  定価:¥1,400+税
入手経路:地元図書館にて貸出し

「このミス」大賞といえば、確か大賞は取れなかったけど、『タレーラン』も何かを受賞したはず。
今回借りて読んだきっかけは、なんだっけ…。あ、そうそう、ネットで(一部だけ)読んだフリーコミックの原作がこれでした(笑)。
そういえば、題名はどっかで聞いたことあるなぁと思ったら、映画化もドラマ化もされてたわ。相変わらず、トロい…。


ドラマ版↓


原作限定で感想書くけど、トリックありきの人物設定だなぁ…。
と、事件前のプロローグ段階で既に、このトロくさいわたしでさえも気づく、いわくありげなキャラ設定。
年も背格好も顔つきもピアノの技量もそっくりな従姉妹というだけの設定だと、ラストのトリック暴きまで行きつかないので、かたっぽをインドネシア国籍とかイスラム教徒とか、特異すぎるキャラクターに仕立て上げちゃったので、最後の「犯人は君だ!」とシーンも「うん、そんなこったろうと思った」。
あと、謎解き役のピアニストが実は元司法修習生とかいうのも、ちょっと盛りすぎでは?
ただ、この小説の面白さはそういうミステリ云々よりも、何が何でも賞を取ってやる!という一少女の気迫とか、クラシック音楽の解釈の仕方とか、異端となった者への対応とか、そういうとこかなと思います。
いやだって、このヒロイン、結果的に重大な罪を犯してるのに、自分で言うほど罪悪感が感じられなくて…。
ミステリとしてというより、道義的にその辺、どうなのよってツッコみたくなった。

タンサングリア

  • 2017.04.16 Sunday
  • 11:20
I have an Wilkinson〜♪

↑近所のスリーエフにて


I have a Sangria〜♪


Ah〜♪
タンサングリア!



全ては、「ウィルキンソン三本購入でクリアファイルプレゼント!」にまんまとひっかかり、大して好きでもない炭酸水の使い道を考えた末の成果です!(酷)

↑近所のイトーヨーカドーにて購入
段ボールにクリアファイルが雑然と入ってて、もってけドロボー状態であった…(いや、ちゃんと三本買ったけど)。

サングリアからアルコール分を抜いたらグレープジュースじゃないのか?なんか気の抜けた味なので、炭酸入れるとちょうどいいです。
段々日差しも強く、暑くなってきたので、ぴったり♪


ところで、おディーン出演のCMの中では、ウィルキンソンが一番好みです。






続きを読む >>

東海テレビ×WOWOW

  • 2017.04.15 Saturday
  • 22:30
わたし、普段連ドラって、よっぽどのこと(=好きな役者が出てるとか、好きな原作/脚本/演出とか)じゃない限り、観ないんですが、今期は先週から始まったこちらの深夜ドラマ↓を観ようと決めました。
犯罪症候群
原作は、貫井徳郎の三部作(「失踪症候群」「誘拐症候群」「殺人症候群」)。時間があれば読んでみよう。
主なキャスト
武藤隆(妹を未成年者によって殺された元刑事で、今は探偵):玉山鉄二(Season1主役)
鏑木護(武藤の妹の婚約者で捜査一課の刑事):谷原章介(Season2主役)
環敬吾(人事二課だが、陰の捜査の指揮を執る):渡部篤郎
田村公平(娘が誘拐され、被害届を出した):甲本雅裕
磯村咲子(おもちゃのモニターアルバイトとして誘拐された子供の面倒を見る):ミムラ
ジーニアス(誘拐犯):要潤

それにしても、前世でどんな徳を積めば、玉鉄の妹でタニショーの婚約者になれるんだ!!

…と羨んでたら、未成年に瞬殺されてしまったので、前世はあんまり関係なかった…。
玉鉄は『マッサン』のぼんくら笑顔が可愛かったんだが、芝居としてはやはりどこか影と鬱屈を背負った役が似合います。

↑おめでとう〜♪
『マッサン』の時はクランクイン前だったから、祝ってもらえなくてボヤいてたのが忘れられないw

そしてここんとこ、MCでしか観たことなかったタニショー、お久しぶり。声聞いてるだけで癒されるう〜。
この二人が画面に並ぶと、イケメンSの威力倍増しで疲れも吹っ飛ぶわ(笑)。
だから、わたしは「バディもの(ただしイケメンに限る)」が大好物なんだってばよ!
これだけでも美味しいのですが、更にぶっ飛ぶのが陰で糸を引く渡部篤郎の不気味演技がたまりません。
つーか、もう彼が出て来ただけで、チープな誘拐騒動の犯人より誰より怪しさ大爆発だよ。

残念なのは、玉鉄主演のSeason1(全八回)が終わった後の、タニショー主演のSeason2(全四回)が、WOWOWでのみ放送ってとこ…。
DVDになるのを待つしかないか〜。

あ、ちなみに誘拐犯役は、うどん県の副知事なのも、個人的ツボ。

Ça va?

  • 2017.04.14 Friday
  • 17:05
先週、献血ルームで血を快適に抜かれながら「横浜ウォーカー」を読んでたら、湘南台の特集ページがあって、そこに載ってたのが「鯖神社」。鯖?

Oui, ça va.

…じゃねーよ!鯖…!神社に鯖って!
焼きサバ思い出すのはわたしだけ?←ちりしたんだから
それだけでも大ウケで、腕の上を伝う血液入りのチューブがたぷたぷ揺れたのに、よくよく読んでみたらなんとっ!
源義朝を祀ってるとな!!

↑源義朝(1123-1160)
嫡男はナレ朝頼朝、父はダメ義為義、祖父は八幡太郎義家、曽祖父は源頼義

調べてみたら、湘南台の鯖神社だけではなく、藤沢、大和、横浜市瀬谷区&泉区の境川周辺には、義朝が祀られている神社が九つもあるらしい。

なるほど…義朝が「左馬頭」だから「鯖」なのね…(ホントかよ)。
というわけで、今日は主に藤沢市内の三神社を巡ってみましょう!←無職の暇つぶし

まずは小田急江ノ島線湘南台駅で下車し、東口へ。
湘南台公園の桜を愛でながら


「今田鯖神社」(藤沢市湘南台7-201)へ参りましょう。

↑おおう…ホントに「鯖」だよ…。







Google Mapは見知らぬ土地を歩くのにマジお役立ちなんですが、提示されたルートに沿って行ったら行き止まりって…。しばし、茫然と立ち止まってしまったよ←よくあること
過信は禁物。

ところで、なんでこの辺りに「鯖(左馬、佐波)神社」が点在するかというと、義朝(と鎌田政清)を謀殺した長田氏の子孫が江戸時代の初めに治めていたからだそうですよ。
先祖の贖罪のつもりで祀ったと考えられるとか。
わたしはてっきり「源氏・ザ・バーバリアン」として、関東をぶいぶい言わしながらケンタッキーフライドチキンライフを送っていた頃の名残だと思ってましたw


さてお次は、駅を挟んで(大体)反対側にある「佐波大明神」(藤沢市石川141)へ。

↑桜が美しい…てか、今年、長持ちだなぁ。





もう既に歩きすぎて脚が痛い…が、ここまで来たからにはあと一社!

がんばれ、わたしの脚!

日大キャンパスを眺めながら、ひたすら歩く。

暑さと疲労でどうしようもなく、マックで小休止。もう家に帰りたい(笑)。

「左馬大明神」(藤沢市西俣野837)
何?このそっけない案内板…


かーらーの↓



ちっさ!底抜けにちっさ!
小さすぎて「神社庁」に登録すらされてないらしい…。
ちなみに

↑ここには十二社ありますが、このうち和泉町の佐婆神社、鯖大明神、中之宮左馬神社の祭神は、源氏は源氏でも義朝とは直接縁のない源満仲なので除外してます。

わたしはクルマの免許を持ってないので、こうしてひたすら歩くしかないのですが、今日ばかりは運転できたらなぁ…と思いました(普段は必要性を全く感じない)。
さすがに限界を感じたので、ちょうど近くに見つけたバス停からバスに乗って、湘南台駅に舞い戻りました。

本日の工程↓


次回は主に大和方面にÇa va?してこようと思います。

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Wollen wir Tee trinken?

お天気プラグイン

The Age of Moon

「Pickup Event!」

Twitter Log

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

NHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラック
NHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラック (JUGEMレビュー »)
吉松隆,舘野泉,藤岡幸夫,井上道義,NHK交響楽団,東京フィルハーモニー交響楽団

recommend

recommend

recommend

Rouge(ルージュ)
Rouge(ルージュ) (JUGEMレビュー »)
いのくち ゆきみ
元ハケン仲間、いのくち ゆきみさんの1st CDです。主に横浜でJazzシンガーとしてご活躍中。

recommend

recommend

The Silver Chair CD (Narnia)
The Silver Chair CD (Narnia) (JUGEMレビュー »)
C. S. Lewis
Read by Jeremy Northam

recommend

 (JUGEMレビュー »)

Sung by Jeremy Northam

recommend

Pride and Prejudice: The Original Soundtrack from the A&E Special Presentation (2000 TV Film)
Pride and Prejudice: The Original Soundtrack from the A&E Special Presentation (2000 TV Film) (JUGEMレビュー »)
Martin Gatt,Meyrick Alexander,Rachel Gough,Andrew Shulman,Keith Harvey,Mats Lidstrom,Susan Sutherley,Michael Harris,Nicholas Bucknall,Richard Addison,Carl Davis

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM