三代目徒然なるままボヤッキーニッキー

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< St.Patrick's Day Parade in 元町 | main | Sparks >>

Sing While You Work!

1月に撮り溜めた『ギャレス・マローンの職場で歌おう!2』、先ほどようやく全話視聴完了です(遅)。

↑ギャレス先生、お髭はやめた方が…

わたしは、英語音声にして字幕で観ているのですが、相変わらずギャレス先生のパキパキした英国英語が心地よい(多分Estuary English)。
さすがに初期の頃(ランカスター校やサウスオキシー)と比べたら老けたけど、まだまだかわいいなぁ。
あ、もしかしてそれを気にして髭生やし始めた?ていうか、髭生やしたところで童顔は童顔だから(酷)。
そういえばこれ、去年の6-7月の再放送なんですけど…。リアル放送時、全然知らなかったですよ…。
ギャレス先生萌えも甚だしいってのに、わたしってば何やってたんだ…orz
更に言うと、本国での放送は2013年。もうそろそろ新作があってもいい頃ね。
ていうか、NHKは早くギャレス先生を来日させて、『花は咲く』の合唱指導をしていただくのだ!(笑)

「職場で歌おう」第二期は、英仏海峡フェリー会社(P&O)、バーミンガム市役所、チェシャー消防救助局、大手スーパーセインズベリー、投資銀行シティバンクの5つの職場で結成された合唱団(Chior)が、三回の発表を経て一番を目指すというもの。
ま、全部ギャレス先生が集めて指導してるので、どこが優勝しようと手柄はギャレス先生なんだけど(笑)。
前回よりも合唱団と放送の数が多い分、それぞれの職場が抱える問題や、そこで働くトップから末端に至るまでの人生やらなんやらにどっぷり感情移入しちゃって、ヘタなドラマを観るより面白いです。
職場っていうか、企業ごとにカラーが出るよね。男社会の消防局とか、IQ高そうなシティとか、それぞれの社風が合唱にまで影響するんだから。
最終決戦に至るまでに、セインズベリーと市役所が既に脱落。最終回の決勝戦には、消防局とフェリー会社とシティが残りました。
誰かが一を言えば、残りのメンバーが十を悟るシティが優勝かな〜と思ったら、意外にも兄弟がソロを取ったリアル「兄弟船」なフェリー会社が優勝しました。
最後の課題曲↓

クリスマスの時期の放送だったのね…。

深夜のBS放送(しかも外国の合唱の話)だから知る人ぞ知る番組だけど、教職に就いてる方や部下を抱えるリーダー職の方に是非とも観ていただきたい。
音楽的興味はさておいて、この合唱指導者ギャレス・マローン(先生、先生って言ってるけど別に先生ではない。昔、男子校で合唱団を指導した時の吹き替えが「先生」だっただけだ)のコーチングはホントに勉強になります。
いや、アタシ、全然そういう職業じゃないけど、なんていうんだろう、「あ、こういうタイミングでこういう言葉掛けをすれば、人は変われるんだ!」っていうのが手に取るようにわかるの。
で、ギャレス先生が凄いのは、そのアドバイスなり叱咤激励なりが、全然音楽的指導と関係なくて、その人が悩んでいることを聞き出して、寄り添って、その人自身に答えを導かせるところ。もうホントにこの方は、天性のメンターなんだなってつくづく思いました。

そんなわけで、NHK(ていうかBBC?)、次の企画もよろしくね。
TVっ子の独り言 | comments(4) | -

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

OK〜←ローラで
itoyan@管理人 | 2017/03/15 8:56 PM
え、え、貸していただけちゃうのですか(震える)見たいです!



magatama | 2017/03/14 11:34 PM
>絶対BS入れない派
唐突に凄い派閥名が出てきてフイタ

シティのゴスペルになる辺りで、聖歌隊の少年が往年のドリフのようにぎこちなく揺れてるのがカワイイ(笑)。

実はDVDに全話落としたんだけど、ご覧になります?
itoyan@管理人 | 2017/03/14 9:35 PM
私このシリーズ好きなんだけど母上が絶対BS入れない派なので見られないんだよね(涙)
この映像だけだとフェリー会社が優勝したのは妥当だと思います。メリハリが効いていてダイナミック。気持ちがそろっている。特に男声の勢いがいい。オトコが乗るか乗らないかで混声合唱って決まるんだよね。

聖歌隊の子どもってすごいわ。
magatama | 2017/03/14 5:34 PM
コメントする