三代目徒然なるままボヤッキーニッキー

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Present for Me | main | 父になる >>

美女と映画

ディズニーアニメ→B.W.ミュージカル、と来て、実写映画化された『美女と野獣』をAYO様と観てきました。
親以外と映画に行くなんてめっちゃ久しぶり。4月にお会いしたとき、「ユアン・マクレガーが出てる」と振ったらおもいっきり食いついてきてびっくりよ(笑)。
そして、旧相鉄ムービルがあんなに混んでるのも久しぶり。さすがG.W.真っ只中のレディースデイ…。

↑今年の正月に海老名のTOHOで撮影






↑先月、川崎の109で撮影

ちなみに赤坂ミュージカル劇場(当時)での四季の公演(1996)、West End公演(1997)、大井町の四季劇場「夏」(2012)と三回観てますので、ミュージカルの曲はばっちり頭に入ってる!
…と次はこの曲が来る!と流れを予測してたら、この映画、いい曲をばっさばっさとカットしまくり〜。
おいおい、「わが家」も「愛せぬならば」もないんかい…。
クレジットでこれでもかとタイトル曲を流すくらいなら、せめてオケだけでもいいから聞かせてほしかった。
それでは、四季初演ビースト役、石丸幹二氏でお聞きください↓


ベル役は、美少女から美女へ奇跡の成長を遂げたエマ・ワトソン。ブラウン大出て、歌もイケてるとか天は二物も三物も(以下ry
アニメの実写化の中でも大成功のキャスティングではなかろうか。
脇を固める訳者は、ほぼベテラン英国俳優で実にわたし好みの配役です(笑)。
ベル:エマ・ワトソン(昆夏美)
野獣:ダン・スティーヴンス(山崎育三郎)
ガストン:ルーク・エヴァンズ(吉原光夫)
モーリス:ケヴィン・クライン(村井國夫)
ル・フウ:ジョシュ・ギャッド(藤井隆)
ルミエール:ユアン・マクレガー(成河)
コグスワース:イアン・マッケラン(小倉久寛)
ポット夫人:エマ・トンプソン(岩崎宏美)
チップ:ネイサン・マック(池田優斗)
マダム・ド・ガルドローブ(箪笥):オードラ・マクドナルド(濱田めぐみ)
マエストロ・カデンツァ(チェンバロ):スタンリー・トゥッチ(松澤重雄)
プリュメット(はたき):ググ・バサ=ロー(島田歌穂)
アガット(魔女):ハティ・モラハン(戸田恵子)
かっこ内は日本語吹き替え版
ベルとポット夫人は『ハリポタ』のトレローニー教授とハーマイオニーじゃないかw
わたしは、ミュージカル版のガストンが結構好きなんですが、そこに『ホビット』の渋かっこいいバルドだったルーク・エヴァンズを持ってくるとはすばらしい。つか、こんなかっこいいガストン、初めて見た(笑)。
ルミエールは、最初から最後までフランス語なまりの英語でしゃべりまくるユアンがなんというかもうほんとに芸達者。ちなみに四季では下村尊則さんが印象深いですね(ああ懐かしい)。
ちなみに舞台では、当然人間が燭台やら時計やら衣装ダンスやらに扮装してるので、ベルとほぼ同じサイズで歌い踊ります。なので、映画で一番驚いたのが、この家具に姿を変えられた召使たちがリアル家具サイズだということでした。箪笥以外、皆ちっちゃい(笑)
村の遠景や城の外観はさすが資金が潤沢なディズニー映画。隅々まで凝っていて大画面で見る価値ありです。
村でフツーに生活してた人たちが、城の召使たちの伴侶だったり、王子をビーストに変えた魔女が村に紛れ込んでたり、ラストまで驚きが隠されてて面白い。
舞台では確か字も読めないアホの子だったビーストが、知識人だったという設定は、本にまるで興味のないガストンとの対比かな。

ところでわたしは、王子の姿に戻ったビーストが、ベルが嫌いぬいてた求婚者(ガストンにあたる人物)と同じ顔だったという衝撃のラストだった、ジャン・コクトー版『美女と野獣』が忘れられない。


〜おまけ〜
英国のマルチタレントJames Cordenの“The Late Late Show”より↓

このベル役のおっさんは、『ワン・チャンス』とか『イントゥ・ザ・ウッズ』に出てる実力俳優。






映画の後は、『屋上テラスのある一軒家レストラン」「Roof Top Cafe」でランチ♪
「ABCデリプレート」のパスタランチ(¥950)



こちらはAYO様↓


ヨコハマで、映画観て、ランチだなんてまるでデートコースじゃないか!(笑)
−外国映画 | comments(4) | -

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

あー確かに、公開前に話題になったけど、感想聞かないうちに終わってたような…。
itoyan@管理人 | 2017/05/11 11:29 PM
『トレスポ2』、見ませんでしたわー
なんか期間が短くなかったっけ
あーこんなのやるんだ…まぁいいけど…う〜ん…と思ってる間に終わってしまった
AYO | 2017/05/10 9:13 PM
シモーヌ下村は、『ジーザス・クライスト』のヘロデ王が一番好きだ(笑)。

ユアン好きなAYO様は、『トレスポ2』も御覧になったのかしら。
itoyan@管理人 | 2017/05/08 9:48 PM
連休の雲一つない青空の下、本当にデート日和映画日和でしたねー
ユアン、ほとんど声の出演だったけど楽しめましたわ
下村尊則さん懐かしー
いつの間にかお名前が変わってたのね…
AYO | 2017/05/07 9:11 PM
コメントする