三代目徒然なるままボヤッキーニッキー

<< 英国の田舎町◆璽轡絅襦璽坤戰蝓 | TOP | ザ・コッツウォルズ >>
Road to UK 2018(第四日)
0
    Itinerary
    AM:コッツウォルズ散策
    夕刻:チェルトナム散策
    見よ、これが英国田舎のB&Bの朝食だ!

    これに紅茶かコーヒーを選んだ上に、トーストが付いてきて、更にフルーツ盛り合わせ、ヨーグルト、シリアルをお好きにどうぞ、と来たもんだ。
    今回、イギリスに着いてから初めて満腹を味わいました(笑)。
    これまでわたしが泊まったB&Bの朝食会場(笑)は、テーブルが複数あって、それぞれのグループだったり、カップルだったり、個人だったりが、あんまり交わることなく、めいめい勝手に食べるスタイルだったんだけど、ここでは大きなテーブルに来た順に好きな席に座るってシステムで、他の泊り客と気が向いたら喋ることもありました。
    オーストラリアからの男の子ふたりは、来年横浜にラグビーのW杯観にくるんだってよ〜。


    さて、地図を見ながらチェルトナムの街中へ出かけます。
    B&Bの前の道路を延炎まっすぐ歩いて行くと、“Montepellier Walk”と呼ばれる美しい大通りが見えてきた。



    ↑チェルトナムで生まれた作曲家、ホルスト像

    街の中心は、“The Promenard”の方。




    ブランドショップが立ち並ぶお買い物天国です(買ってないけど)。
    チェルトナムって昔の保養地だっただけあって、街の雰囲気が英国というよりなんとなく大陸的なイメージがするんだけど、分かってもらえます?

    その先を横に通ってるのが、フツーの街で言うところの“High Street”というのがチェルトナムの変わったとこでして…。
    この辺まで来ると、若者がいっぱい歩いてて、ものすごーくフツーの英国の都市って気がする。

    ↑サッカーイングランド代表のスーツはMarks & Spenserなのよね

    TICはまたわかりにくい所にあって、標識見ながら探していくと、アートギャラリーの中にありました。
    ここでバスの時刻表を手に入れて、コッツウォルズ行きのバス乗り場に向かったのでした。


    この日に至るまで、わたしがいたイングランド中西部の気温は連日28-29℃。
    本来ならばゆったりお茶を楽しみたかった所ですが、どこのカフェもドアや窓を開け放している(=冷房がない)。熱い茶ぁなんぞ飲めるか!ということで、ティータイムどころではなかった(^^ゞ
    ですが、ちょっと面白い名前のカフェを見つけたので(疲れたこともあり)入ってみたのがコチラ↓
    Boston Tea Party

    なんで英国まで来て「ボストン茶会事件」やねん!(笑)
    ちなみにわたしはボストンで、ホンモノのボストン茶会船に乗って、茶箱を船から投げ下ろすというパフォーマンスをやったことがあります(もちろん落とした後は、自力で引き上げる)。


    ケーキとお茶で£4.45。居心地のいいカフェでした。

    そのあと寄った書店で一目惚れしたトートバッグ(£9.99)↓
    | −英国の田舎への道(2018) | 07:00 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
    スポンサーサイト
    0
      | - | 07:00 | - | - | ↑PAGE TOP
      コメント
      コメントする