三代目徒然なるままボヤッキーニッキー

<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Road to UK 2018(第三日) | main | Road to UK 2018(第四日) >>

英国の田舎町◆璽轡絅襦璽坤戰蝓

バーミンガムからシュルーズベリーまでは、乗り換えなしで大体70分くらい。



↑シュルーズベリー駅

駅の真上に、『カドフェル』の世界でもたびたび登場するシュルーズベリー城。

£4.0で内部の見学ができますが、城の歴史というより「シュロプシャー連隊博物館」としての役割が強く、この辺の連隊の歴史紹介がメインなので、すっとばしても良いと思います(笑)。
そういや、カーディフ城もそんな感じだったな。


↑セヴァーン川

メインはやはりカドフェルが生活を送っていた修道院↓

中心部から少し離れた所にありますが、十分徒歩圏内(大体シュルーズベリーの街自体、こじんまりとしているので)。
10時オープンということで、それに間に合うように行ったんだけど、そこはイギリス。定刻通りに開くわけない(笑)。
しばらく街歩きを楽しんで、お昼近くになってから行ってみたら、よかった!開いてた。
入場料は無料ですが、一応喜捨という形で幾ばくかを払ったら、案内の方にものすごく喜ばれちゃって、いろいろお話てたら、実在のカドフェルが描かれたステンドグラスの所まで連れてってくださいました。


思わず買っちゃったよ、修道士クマ↓


ピンクの冊子は「カドフェル街歩き案内書」(笑)。
最後の一冊だけ残ってたので、迷わずお買い上げ。うん、これ熟読してから来たかったな(笑)。

「カドフェル」を抜きにしても、シュルーズベリーは居心地の良い街で、英国の田舎町が好きな方に激しくお勧めしたい。
どこを歩いても絵になるんだわ。



↑ダーウィンが生まれた街なんだってさ。


あああああ、DVD借りちゃおうっかな〜!
−英国の田舎への道(2018) | permalink | comments(0) | - | - | - |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする